株は負けるように仕組まれたゲーム。  NO2。

その2、人間は極めて欲望に弱い動物です。
彼等(想像してください)といいます。    この点を徹底的についてきます。
彼等の戦略の基本に人の持つ欲望を利用して、金を巻き上げるという面があることを忘れないで下さい。

血に飢えた鮫を例にして申し訳ないのですが、激しく動くものに強い興味を示します。
先ず鮫が小魚を見つけます。  ここで海は鮫と小魚の狂乱の場となります。
そしてその頂点に達した時に下から丸のみの鯨が登場して幕は引かれます。
こんな光景が過去何度も株式市場で繰り返されているのです。

それにもかかわらず大半の方は動く株,それも激しく動く株にしか興味を持たれない方が
多いのは欲望のなせるわざです。
人間は欲望で生きているのですから,それが悪いとはいいません。
しかしその欲望のままにズルズルと株式投資を続けられると上の光景が待っているということも頭の隅に入れておいてください。  
一時のソフトバンクのように1日で何万円、いやナン百万円も儲けますと,理性が狂います。
1日汗まみれに働いて1万円にならないのに、こんなに儲けてよいのかという簡単なことが
わからなくさせる見事な罠です。

第3がデイ・トレの罠です。
このところ手数料が劇的に安くなりました。
それもあってかロスカットやらデイ・トレやらと、やたらと株を激しく売買する事が株上手のように見られるようになってきました。  はたしてそうでしょうか。
私は株は頻繁に売買すればするほど,損を拡大すると思っています。
それにもかかわらず株を頻繁に売買されるようになったのは、株もギャンブルの一種ですので、パチンコ依存症的な嵌りがあるのではないかと勘繰っています。 
先ず間違いなく潤うのは証券会社です。    一回あたりの手数料は高い客よりも、毎日3千円を確実に落としてくれる,デイ・トレの客は有り難い客です。
年間100万円以上のの手数料を払われる方も増えてこられているそうです。
デリバなら兎も角、現物株だけでこれだけの手数料を毎年支払うのは大変なことです。
毎年コンスタントに勝っていてもこれほどの金額を払うのは困難なのに、ましてマイナスの年があれば何の為に株式投資をしているのか判らなくなるでしょう。
それと経費はこの手数料だけではないのです。   儲ければ10パーセントの税金。
インターネット関連の費用もパソコン購入から接続費用、新聞,雑誌と拾っていきますと、ドリーム投資でやりましたように1,000万円稼いでも600万円ぐらいになってしまうのです。
新しい客が来て潤うのは生業としている証券業界のほうで、たえず貴方の懐を狙っています。
by 11miyamoto | 2005-02-21 12:30 | 十一の五六


<< 株は負けるように仕組まれたゲー... 株は負けるように仕組まれたゲー... >>