貴方はバンジージャンプの経験がありますか。

ないでしょうね、私もないんですが。   ただ株では何度も経験しているのです。
株とバンジージャンプとどんな関係があるのか、すぐにピンとこられた方は鋭い感性の方です。  今回書きましたSSC投資法は、この通りに実施されれば素晴らしい成果が出るのですが、一つだけ初心者にとって最大の欠陥というか胆試しがあるのです。
それが谷底に向かって飛び降りるバンジージャンプの勇気があるか、そしてその試練に耐えられるかということなのです。   SSC投資法で株を買うのは26週線タッチした時ですよと
さらりと申し上げました。  さあ待ちに待ったその時が来ました。
その時とはどんな時でしょう。   恐らく日経平均は大きく調整し、買おうとしていた株も当然大きく下落しているでしょう。     廻りを見渡したら全員が株を売っていて、買っている人なんか誰もいそうにない時、それが26週線タッチのその時なのです。   そこで敢然と買い向かう勇気があるかどうかです。   慣れれば機械操作のようにやれば良いだけで、タッチすれば買い
下に落ちれば即売りという自動売買の世界になるのですが、初めは怖いでしょうね。 
怖ければ金をかけないでシュミレーション売買をされて試されればどうでしょう。
そのうちに金をかけなければ損だと判ればいつのまにか、飛べるようになっていますよ。
皆の後を付いて行ってよいのはバスの団体旅行だけです。   株でも商売でも人の行かない道を歩く勇気にご報美が出るのです。
by 11miyamoto | 2005-06-06 14:05 | 十一の五六


<< もう一つの銘柄選別法。  (永... 日経平均の今後の展望。 >>