株の売り時。

今回株の買い時は何となく判ったが、売り時が判らないので教えてほしいという質問がコメントやメールで多数いただきました。    株は買い時を誤らなければ80パーセントは勝ちなのです。    後は26(52)週線を割らない限り、何年でも保有されれば良いのです。
それが前に3線上のアリアを形成したソフトバンク9984仁巡り合えば、大儲けできる最大のメリットなのです。    ところが大半の方は10パーセント上がったら売りましたとか、26週線を割ったのにもかかわらず保有されるという,この一番大切なルールを無視されるケースが多いのです。   このブログは初心者向けですのでもう一度申し上げます。    3線上のアリアの株を、26(52)週線タッチで買って26(52)週線を割れば売るというだけです。   実に買いも売りも簡単です。  これこそがこの法則の簡潔にして明瞭な最大のメリットなのです。
保有期間が長ければ長いほど儲けは大きくなります。   例え保有期間が最短の6ヶ月しかなくても、その間に26週線は右肩上がりで上がっていますからある程度の幅は取れるのです。
初心者はこの原則をキチンと守られて儲けてください。      割る前の過熱した時に事前に売りたい,これはこの次ぎの課題の中級者のレベルです。  階段は1歩1歩昇ってください。 
ただ一言だけ付け加えます。   余りにも早く上昇する株は割る期間が短いと見たほうがようでしょう。   上髭が出たり、26週線との乖離率が15パーセントを超えてくれば、ここはいったん売りでしょう。 

追記  今、日水1332を見ていましたら、株の売り時と買い時が見事に出ているのにで会いました。      この株は04年6月に3線上のアリアを形成して1年余り経ちます。
週足チャートで見る限り,この株は26週線タッチが買いである事はすぐ判ります。   即ち04年12月10日の301円、05年4月19日341円、そして今回の05年8月8日の386円です。
今402円をつけていますが、買い推薦します。   勿論390円前後で買えれば最高だったのですが、このように26週線タッチした後も買いなのです。   その後もし26週線を例え割ることがあっても,ロスカット料は10円内外でしょう。    それよりも3線上のアリアを形成して、この株は年率40パーセントの幅で上昇しています。  このくらいの上昇率が長続きしそうな株なのです。   10円のロスカット料の変わりに、今後年間160円強の美味しい上がりの可能性の株なのです。  それと売りですが、やはり26週線からの上への乖離率が15パーセント(実際は19.2パーセントまで上昇)辺りが限界だったようです。     したがってサポートラインは231円と386円に引いてください。   レジスタンスラインはこのサポートラインと同じ幅で平行に引くのです。   この株はこの二つの線の幅の中を行き来するでしょう。   そして上のレジスタンスラインに近づいた時に売るのです。   下は割らない限り持続です。   新規買いはこの時です。
ア、でもこれは中級編でしたね。  まあサービスです。   今日見た人はラーキーでした。
だからブログは毎日見ないと駄目なんです。    今は爆上株ブログに何千人もの人が群がって訪問されていますが、いずれ私のこの理論の成功率の高さが認知される日は近いと見ています。   それまでにしっかりと良く見てマスターしておいてください。
その時にはこのブログを消滅させることも考えています。   私のブログは前にも申し上げましたが、高山植物ブログです。   沢山の訪問者は要りません。  ドットコム日が消滅の日です。  それからは前にも言いましたが、人生塾宮本道場に切り替わります。
 
by 11miyamoto | 2005-08-14 12:30 | 十一の五六


<< 日本株式市場復権の号砲鳴る。 やはり短期は怖いを認識させられ... >>