始めての大きな調整に戸惑われた方へ

株を始めて1,2年の方は今回の下落で株の怖さの一端を思い知らされたことでしょう。
しかし日経平均の月足チャートを出されて見れば判りますが、下落幅2,000円というのは地震でいえば震度3くらいのレベルです。    1990年には半年あまりで19,000円も下がったのです。    1,900円ではないのです、19,000円ですよ。   毎月5,000円も下がった時があるのです。   これこそ震度7レベルでしょう。    あまり脅かしてもいけませんが、株を甘く見られないことです。  株を長くされるのならこのようなこともあったくらいは覚えておいてください。   私のように45年も戦うとは、そのような中をくぐりぬけて戦うということなのです。  
その為には漫然と株式取引をするのではなく、チャート白本に書きましたように、自分のポジションを見定めて戦略と戦術を練って戦ってください。   そうすれば必ず決められたルールで戦うことの大切さが判るはずです。   今回の調整は良い教訓となるでしょう。   また私が口を酸っぱくしていっていた26週線タッチ買いの,その後この線を切れば売りましょうということが
この調整局面でどういう意味を持っていたのかもわかっていただけましたでしょうか。
合点,合点,合点。   本当ですか。   また次ぎの調整で泣き言を言っても知りませんよ。   
by 11miyamoto | 2006-05-31 22:24 | 十一の五六


<< 日経平均 土俵の徳俵に足がかかる 昨今の信用取引 >>