簡単・安全・確実な投資法  25日移動平均線投資

はじめに断っておきますが、これは私が開発した投資法ではないのですが、短期資産運用法としては最高の投資法といってもよい25日移動平均線投資法をご紹介いたします。
株価が25日移動平均線より上に頭を出したら買い、それからその株の過去の上値の乖離率に近づいたら売却するという単純なものです。    それを逃しても最悪25日移動平均線を切ったら即売却という実にシンプルな売買法です。    ちなみに日経平均で見ますと、3月10日に株価が25日移動平均線の上に顔を出しましたから買いです。   その後4月7日に株価は25日移動平均線から1,000円幅上に(約5.7%幅)乖離しましたので、上限と見て売却します。
もしこれを見逃したら4月24日の株価が25日移動平均線を切った時点で売却してもよいのです。   株価が25日移動平均線の下にある間はお休みです。    これで判りますように株価が美味しいところにある時だけ投資して、嫌なところはお休みと資産は確実に保全されるのです。   あまりに簡単過ぎてその成果を疑うくらいなのですが、日経平均の最近の日足チャートを出されて見て下さい。     皆さんが大打撃を受けた5月8日からの暴落は見事に避けていることがお判りでしょう。     実際の運用は個別の株の癖があってこれほどまでには簡単ではありませんが、来年発行予定の私の株中級編のトレンドラインの次ぎの戦略テクニックを簡単に頭だしご紹介をしておきます。 

*注意深い方は今年2月9日の「宮本道場人気銘柄 長谷工」で,既にこの25日移動平均線投資法はご紹介していたので気付かれたかもしれません。  この時にはこれがそんなに素晴らしい投資法とは気がついていませんでした。   しかし今回の下落を経験して,この投資法が
極めて下げに強い投資法だと最近気がつきました。
by 11miyamoto | 2006-06-12 19:11 | テクニカル分析


<< 先物連中 手仕舞いに入るか  ... 今回の大幅下落で大損された方へ... >>