カテゴリ:十一の五六( 110 )

最良の株の本(ブログ)

皆さんにとって最良の株の本とは一体どんな本を考えておられますか。   ブログで探される自分好みのブログとはどんなものを探されていますか。    先ず株の本ですから儲けさせてくれるそうなものを中心に探されておられることでしょう。     日経平均の予測がよく当たり、お宝株を教えてくれるものが一般的には人気があるでしょう。    株式ブログを見ても,本屋さんで並ぶ本も殆どがこの手のもので占められています。     そのような方にとって私のような書き方のブログは,あまり関心を呼ばない部類のほうに属するでしょう。     超人気ブログの訪問者数を見ても,私のブログの訪問者は大体数分の1くらいですから,基本的には静かな
ブログといえると思います。     その代わり訪問者はコンスタントで,若干の上下はありますが毎日決った方の訪問があるようです。   私も欲の深い人間ですから、勿論たくさんの方が
訪問してくださることは嬉しいのです。    しかしそれ以上に私にとって嬉しいことがあるのです。    それは私のブログを見て株式投資が楽しくなったといっていただくことです。
儲けたから楽しい,損を出したから悲しいというのはわかりますが、そのような金銭的な部分だけでなく,もっと広く株式投資をすること自体が楽しくなったと思っていただけることが願いなのです。    こういうことを言いますとそれは綺麗ごとだ。   株式投資の目的は儲けることにあるのであり、会社でも赤字企業が許されないのと同様そのような考え方は認められないとお思いの方は多いでしょう。    私もこのような考え方になったのはほんの数年前で、それまでは一般的な儲けていくらの考え方をしていました。    ところがこのような直截的な考え方に限界があることを悟ったのです。    その第1歩が人に頼らないことでした。    株式投資のような刻々とスピードの速い変化についていくのには、本や雑誌の過去の成功の情報で戦えないことを悟ったのです。    2番目が自分で戦うのであれば、何が一番自分の力になるかという力の源泉を知りたくなったのです。     そのような時に株式投資ではないのですが、碁のプロで苑田勇一九段の碁の「基本戦略」という本に巡り合いました。   碁の目から鱗落ちはその時に経験しました。     またも碁をされない方がたくさんおられるのを承知で書きますが、碁は相手よりたくさん地所を取り、相手の石を取ったものが勝ちのゲームなのですが、その本の中には全く反対のことばかり書いてあったのです。    曰く「囲うと地は小さくなり,囲わせると地は増える」とアマの全く反対の考え方が書いてあったのです。  そして「相手の石を攻める時は逃がすこと」とその時の私の棋力では全く発想できないことがたくさん書いてあったのです。   その時まで私は碁は勝って楽しく,負けて悔しいだけの碁でした。   しかし苑田プロのこの本を読んでから考え方が全く変わりました。   突然変わったということではなく、それまでに私の碁や株式投資がその変換点に来ていたという事でしょう。     以来勝って楽しく、負けてもどこが問題点であったかという検討が楽しいことに変わりました。   その結果私はいくら勝った負けたよりも、その投資を通じての基本戦略の三線のアリアや戦術のトレンドラインの研究のほうが遥かに楽しくなってしまいました。    碁では目の前にプロがいればわかりますが、株式投資では目の前にいる訳ではありません。    しかし株式投資で相場を引っ張っているのは最強のプロが先物や裁定売買を通じて相場をリードしているのです。     どのゲームでも最高レベルになりますと発想の広がりが桁が違うのです。   そして株で勝つためには皆で渡れば大丈夫という基本戦略の見直しが必要なのです。    次ぎに勝った負けたのやりっぱなしの投資ではなく、戦略を磨き戦術の研究が三度の飯よりも楽しくなることです。
皆様がそうなられることを念じて、私の本やブログがそうなることを祈りながら書いています。  
いろいろな本やブログを比較検討されることも一時は良いでしょう。   しかし「戦うは我にあり」
に速く気づかれてあまり多くそちらに時間を割かれないことです。   大切なのは一時の餌を貰うことではなく、終生魚を釣る技術を楽しく教えてくれる本やブログに巡り合う事です。     碁をしたいとお思いの方はNHK囲碁シリーズの「苑田勇一流 基本戦略」 1、000円を是非お勧めします。   一流の本は碁に限定されていません、株にもゴルフにもそして人生にも適用できる幅を持っています。    これからは株の本といった狭い範囲の研究ではなく、広い幅を学べるものすべてにチャレンジしてください。   
by 11miyamoto | 2006-08-30 14:33 | 十一の五六

ま坂

株式投資には三つの坂があるといわれています。    上がり坂・下り坂。  これは誰でもおわかりでしょうが、もう一つ「ま坂(まさか)」という坂があるのです。    日本のファンダメンタルは良好で、いままで預金しかしなかった方が、大挙して株式投資に参入されてきました。
もう2万円は指呼の間と誰もが思った瞬間、あっという間に高値から3,500円下落して,率にして20パーセントという信じられない下落を演じました。     この下落率は長い相場の中での上がり坂の相場においては、ブラックマンデーの21パーセントとほぼ同率に下げました。     しかし二つを較べますと、今回の方が誰が見ても経済環境や需給がその当時と較べて格段に良いのにもかかわらず、同じくらい下げてしまったのです。    相場にはこのように理不尽で説明がつかない「ま坂」という坂が存在するのです。    そして今回の下落のスタートを切ったバーナンキ氏のインフレ発言が、二日前には乗り切れると変わった途端に,同じバーナンキ氏の発言で世界の株価は切り返し始めました。 (当分この人のころころ変わる発言に世界は振り回されるかもしれませんが、スーパークレイ氏にとっては最高の人材を得たということでしょう) アメリカも0.3パーセントのインフレ率という最悪のデータがでたにもかかわらずその日から上げ始めました。    「ま坂」の連鎖反応が続いています。    株式投資で普通の人が勝てない要因の大きな一つが、この「ま坂」の対応なのです。   「ま坂」に入りますとそれを演出するごくごく限られた軍団以外は、ほぼ大きな損害を受けます。   それを避けるための株価の見方が、三線上のアリアの株で見ますと順番に記しますと25日線、75日線、26週線、200日線なのです。   75日線までは絶好の押し目で大歓迎。   26週線まで来たら半身で構えて、切れば即売却の姿勢です。    200日線に向かったら「ま坂」のレベル、それを超えたら何というかですか、そうですね、「まっ坂様(まっ逆さま)」とでも命名しておきましょう。
by 11miyamoto | 2006-06-17 09:56 | 十一の五六

一目山人翁の言葉

有名な一目均衡表を考案した一目山人翁の「一目均衡表・完結編」にある言葉を記します。
「まず第一に,相場は儲けるよりも,損をし易いものである。  イヤ殆ど損をするものである。
ということを先ず,胆に銘じておくこと。  そして,用心して僅かな株数の時は儲けても、安心して多数の時は損をし易い。  したがって,金ほしさに,先ず相場に手を出してはいけない。
だから,相場のために,無理な資金造りをしては絶対にしてはいけない。」
私はこの言葉を今日はじめて知ったのですが、長年株に携わる人の感覚は凄く似てくると改めて感心しました。   はじめの部分は私の「株は負ける為に仕組まれたゲーム」ですし、買いは
26週移動平均線タッチ買いしかないと断じた、私の買いかたを別の言葉で現したものと解釈出来るとおもいます。
by 11miyamoto | 2006-06-15 13:58 | 十一の五六

今回の大幅下落で大損された方へ NO2

今回の題目で少し辛口のコメントになりますが、私の過去の記事で参考になると思いますので紹介しておきます。   今回大損された方の耳の痛いことばかり書いています。
H05:02:21  株は負けるように仕組まれたゲーム
H05:05:27  してはいけない戦い
私のブログのトップの右端の月の書いたところをクリックしてください。   題目が出ますからそこから上記の記事を探し出してください。
by 11miyamoto | 2006-06-11 22:37 | 十一の五六

ダブル(メジャー)SQ

今日がダブルSQ日だと申し上げましたが、現物取引の方には「それ何」という感じだと思いますので簡単に説明いたします。    現物取引と先物・オプション・信用取引の一番大きな違いは
取引の売買の締め切り期限があるということです。     オプションが一番短くて1ヶ月、先物が3ヶ月、信用取引は6ヶ月ですが最近は無期限というものもあります。   対して現物取引には期限はありません。   そのうちオプションと先物は3月、6月、9月、12月と3の倍数月には
ダブルことになるのです。   その日は第2金曜日と決められていて、実際は昨日までに決済されませんと後は自動的に決められた値段で決済されてしまうのです。    そこで普通は次限月ものにのりかえる(ロールオーバー)動きになるのですが、今回のように激しく相場が動きますと最後まで激しい戦いがおこり、それが相場の撹乱要因となる場合があるのです。     それとオプションの場合は500円刻みですので、000円とか500円前後に日経平均が絡んできますと、上か下かで天国と地獄の差になりますので、買いのコールと売りのプットも加わり更に激しい闘いとなるのです。   今回はこのところ負けつづけていた売りのプットの大勝利に終わりました。
しかし皆様は絶対にこのオプションに興味は持たれても、嵌らないことをご注意申し上げて起きます。    何年に1回のこの宝くじ的なビギナーズラックに嵌った人の将来は悲惨だということだけは申し上げておきます。   基本的にはオプションは掛け捨ての保険なのです。
短期的には結構稼ぐ人はいますが、それは天才肌のギャンブラーです。   何を隠そう私も先物からオプションへと入り、その前年の個別株の儲けの大半を失いました。   悲惨の1歩手前で引き返したのです。   競馬やパチンコ同様お遊びならよいのですが、本格的にのめりこみますと精神的に追い込まれて夜も寝れなくなります。     時間的に限られた状況で闘ったことのない方にはこの恐怖は想像できないと思います。    私のところにデリバテイブ専業で生計を立てたいという方が、毎月一人はメールで現れます。    私も3、4年前には倣岸にもそのような若者塾が出来ればと考えていたことがあります。   しかしそれがいかにはかない夢物語かを知るのに2年間半はかかりましたが、それ以後必ずお止めなさいと説得しています。   時間の制約ともう一つ隠れた大きなプレッシャがあることが判ったからです。   それはプロになると休むことが出来ない、立ち止まることができないという、アマの勝てば儲けものという暢気な闘いが許されないからです。    株での生活はサラリーマンのようにコンスタントに金が入ってこないのです。   まだ逆に入るどころか出ていくケースも結構あるのです。
このコンスタントに勝つ(それも1年や2年といった短期でなく、何十年も)苦しみは、絶対にやり始めたものしか判らない苦しみです。   今回の村上世彰氏のルール違反の問題も、始めに予想した金額より遥かに膨大な金が集まり、その運用への手詰りから次第にプロ中のプロでもこの運用の先を読み切れなかった過ちだと見ています。    なんだか随分横道にそれた話になったようですね。   まあたまには気楽に読んで下さい。   今週は私も皆様もお疲れでしょうから。   


   
by 11miyamoto | 2006-06-09 16:09 | 十一の五六

未公開株の甘い話にご注意

昨年までの異常な未公開株人気に便乗して「近く上場する未公開株を買われませんか。必ず値上りします」と電話や直接話し掛けに応じた人の苦情が急増しています。  05年度でこの苦情は、消費者生活センターに寄せられたものだけで全国で2、908件と前年比で6.5倍になっています。   しかしこの件数は氷山の一角で,未だ気付いていない人や届出をしていない人はこの数倍はおられると見られています。   被害額の平均は372万円。   訴えても上場がこの株安で遅れているとか必ず値上がりするという立証が難しく、全額取戻しは困難で良く戻って6、7割というケースが多いとのことです。   まだそれでもそれだけ戻るケースは良いほうで、最悪相手が雲隠れしたり泣き寝入りの場合は一銭も戻って来ないケースさえあります。
相手がいるうちに早く交渉して強く返金を迫ることです。  自分一人で対応せずセンターや(良質な)弁護士と連携しての対応も大切です。   残念ながら今回のチャート白本購入者の方の中でも、何人かの被害者が出られているようです。   前にも書きましたように「私に限って」の上手い話はないのです。   特に株の場合は相場だけでなく、相場外にももっと酷いダマシが横行します。   大切な金を守るのは自分しかいません。   甘い話には絶対にのられないことです。
  
by 11miyamoto | 2006-06-04 17:40 | 十一の五六

油断

この1年間ある程度皆様方への灯台らしき役目も果せたかと油断した途端、最後にスーパークレイに見事背負い投げを食らわされました。   今年に入って1月19日のライブドアーショック2月20日の日銀ゼロ金利解除懸念で厄払が済んで、週足チャートで三線上のアリアを形成し
さあこれからという4月7日の17、563円の高値をつけてからおかしくなりました。
4月はそれほどでもなく17,000円前後で頑張っていたのですが、連休前に私はブログで大分トーンダウンの記事は書いたのですが、正直その時は今回の駄目押しの押し目は16,400円前後では止まるという確信は持っていました。    ここで止まれば再び三線上のアリアへと復帰し、秋には2万円というシナリオ通りという読みに狂いはない筈と読んでいたのです。
しかし敵は信用買い残の多さと、村上ファンドという隠し玉で最後の止めの15,250円は狙えるというもう1枚上手の読みをしていたのです。      私の読みの間違いは、彼らが狙った落しどころのポイントが200日移動平均線という4月7日から見て相当下を狙っていたことに気がつかなかったことです。    それとそれまでの経済指標が順調過ぎて、そんな下の中長期の株価変動の目安になる移動平行線まで下落はあり得ないだろうという変な安心感も今にすれば
油断でした。    しかし6月1日の夕刊に村上ファンドの記事が出て、私はすぐにピンとこのことを感じスーパークレイが動くと見たのです。   そこでその朝に彼らの狙いの15,250円を書いたのです。   幸いこの記事を見て売るのを思い留まれた方がおれれて、メールで感謝の言葉をいただけたことが救いでした。    こんな記事を1年前に書きましたら、宮本も気が狂ったかと思われたでしょうが、1年半書きつづけた私のスーパークレイはかなりの方の認知いただく存在へと変化しました。   さてこの後のスーパークレイの動きですが、昨日の戻りの早さから大半は買い戻して、後は値上りを楽しむ側に廻るでしょう。   やはり世界に君臨する帝王、まだまだ勉強が足りないことを痛感しました。
by 11miyamoto | 2006-06-03 10:03 | 十一の五六

始めての大きな調整に戸惑われた方へ

株を始めて1,2年の方は今回の下落で株の怖さの一端を思い知らされたことでしょう。
しかし日経平均の月足チャートを出されて見れば判りますが、下落幅2,000円というのは地震でいえば震度3くらいのレベルです。    1990年には半年あまりで19,000円も下がったのです。    1,900円ではないのです、19,000円ですよ。   毎月5,000円も下がった時があるのです。   これこそ震度7レベルでしょう。    あまり脅かしてもいけませんが、株を甘く見られないことです。  株を長くされるのならこのようなこともあったくらいは覚えておいてください。   私のように45年も戦うとは、そのような中をくぐりぬけて戦うということなのです。  
その為には漫然と株式取引をするのではなく、チャート白本に書きましたように、自分のポジションを見定めて戦略と戦術を練って戦ってください。   そうすれば必ず決められたルールで戦うことの大切さが判るはずです。   今回の調整は良い教訓となるでしょう。   また私が口を酸っぱくしていっていた26週線タッチ買いの,その後この線を切れば売りましょうということが
この調整局面でどういう意味を持っていたのかもわかっていただけましたでしょうか。
合点,合点,合点。   本当ですか。   また次ぎの調整で泣き言を言っても知りませんよ。   
by 11miyamoto | 2006-05-31 22:24 | 十一の五六

昨今の信用取引

ここ2,3年の証券会社の信用取引の勧誘に疑問を持っていました。     普通は信用取引は
株式投資を最低でも数年してからするものでした。   それが最近は株取引と同時に信用取引をする人までいて、追証の意味もわからず証券会社からの電話で始めて知り驚く人まで現れたと株式新聞に出ていました。   本人もさることながら,これを許可する証券会社にも疑問を感じます。   証券会社にしてみれば、信用取引こそ株式手数料競争の抜け穴になっているのです。    確かに1取引で525円というのは安いのですが、片一方で信用取引の利息は
年2.1%,更に無期限は3.1パーセントも取っているのです。    100万円なら6ヶ月で10,500円も取られているのです。   1,000万円で1年無期限ですと31万円もの利息を払って戦うことになるのです。     そこまでいかなくても昔から信用取引で3ヶ月以上持てば
戦いは負けとしたものなのです。    信用取引の基本は短期決戦の値幅取りなのです。
または正しくはレバレッジ機能でなく、現物取引の出来ない反対売買にこそその本領があるのです。   それを追証を取られて戦うというのは、損の上塗りは目に見えています。 
このような基本の基本さえ学ばずに、株式取引に信用取引で参戦するのは危険を超えて無謀といえます。   株式取引で一旦買いのポジションを取ると、それは売るまで自分の手を離れて怖い市場の手に委ねたことになるのです。   NY株に怯え、世界同時株安のニュースにおののき,そうでなくても現物投資でさえそうなんですから、もっとお金を大切に扱うべきです。
その為に私は三線上のアリアのときに26週線タッチ買いで切れれば売りというという怯えない戦い方を説いているのです。   日経225(コード1330)でも26週線タッチの16,400円でお進めしましたが、これを切り出した16,300円とか16,200円では売らなければいけないのです。   そうすれば15,400円でも悠々と高見の見物が出来るのです。   お金は扱う人の人格を見て働きますから,大切に扱わないとよい結果は出ないでしょう。

それはこれくらいにして相場の方ですが、やはり新興市場が収まらないことには前に進みそうにありません。   が、今までの例でも新興市場はクライマックスを超えると、15連勝もありの世界ですから,私は6月が山場と見ています。   確かに買い残も大きな要素ですが、最後はファンダメンタルが効いて売られ過ぎは是正されるでしょう。   総悲観も総楽観も長続きはしないものなのです。 
by 11miyamoto | 2006-05-31 20:41 | 十一の五六

今度は違うという発想

最近気付いたことですが、株式取引で一番してはいけない発想があることに気がつきました。 それが「今度は違う」という発想です。   これには2つあります。   株が上がるときと下がるときです。   株が上がり買われ過ぎのサインがでたとき、株が売られ過ぎのサインがでたとき、人間は自分の都合でこのサインを見逃したり、逆に怯えすぎたりで正確にキャッチしないのです。   ところが若干の時間差はあっても必ず今度も同じなのです。    株に関してはほぼ例外はないのです。     売られ過ぎの後は買われ過ぎに向かうのです。    買われ過ぎの後は売られ過ぎです。     この繰り返しなのです。   その間の時間差は気の遠くなるほどとお思いですか。    1年いや2年くらいとでも思っておられるのでしょうか。    この5年で調べてみました。    売られ過ぎから買われ過ぎまでで一番多いのがたったの2ヶ月なんです。   平均しても3ヶ月強なのです。   一番長いのでも9ヶ月という例外があるくらいで、殆どが5ヶ月以内なのです。    待てませんか、その売りを。   持てませんか、観見の目付の精神を。   売られ過ぎのサインがいつまでも点滅しっぱなしも経験したことがありませんし、ある限度を超えた売られ過ぎの指標が出たことも過去ありません。  夜明け前が1番暗いのです。 
 
  
by 11miyamoto | 2006-05-23 21:10 | 十一の五六