<   2004年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

十一の五六 其の一

変なタイトルだなと思われたカもわかりませんが,私の名前ジュイチと語録の組み合わせです
これから折に触れて株式天気図だけでなく、十一の五六で私の株式投資についての考えを
述べさせていただきます。
この考え方が基本となり、おこがましく宮本道場と名乗らさせて頂いている訳です。

最初は株式投資の自己責任について述べます。
私の配信を全面的に信じられて大損を出されても、その結果は全部貴方が負うのであって
私には道義的には責任を感じても、損害は補償しないということを確認されてこの配信を
お読みくださいということです。
なんだそんな軽い気持ちで配信しているのかとお怒りになられるかもしれませんが、逆に
貴方が私の配信を信じられていくら儲けられても、私は一切請求いたしません。
というより請求できないのです。
自己責任というと責任ばかりが全面に出てきますが、反面このような素晴らしい権利と対に
なっているのです。
この素晴らしい権利とは何かというと、貴方はパーフェクトな裁量権を有しているということ
です。
このパーフェクトな裁量権を委ねる変わりに、自己責任が伴う訳です。
この逆に裁量権ゼロで自己責任もなしというパターンがあります。
すべて自己責任ばかりの世界では息が詰まりますから、自己責任なしという世界もあっても
良いと思います。
厄介なのは裁量権ゼロにもかかわらず、自己責任だけが有るという酷いパターンです。
これが日本では結構多いのです。
このようなパターンを社員に科している会社は早晩潰れます。

話を戻して裁量権について考えてみましょう。
日本人は概して権利の使い方が下手だと言われています。
だから平気で裁量権ゼロ,自己責任アリという酷い話を部下に押し付けられる感覚の上司が
日本には存在するわけです。
もっと良い意味での権利に目覚めるべきです。
この重い自己責任の反面にパーフェクトな裁量権を与えられているのですから、この権利を
パーフェクトに使い切らないと割りが合わないのです。
私は今株式投資のみの世界で生きていることに最高の幸せを感じています。
それはパーフェクトな裁量権とそれに伴う自己責任の世界があることを、株式投資が教えて
くれたからです。
裁量権をパーフェクトに握っている素晴らしさは、長く逆の世界で生きてきた人ほど痛く判る
はずです。
だからこれからの宮本道場の配信の基本の一つは、この裁量権をパーフェクトに使い切ると言うことがどんなに素晴らしいことなのかを皆様に判っていただくことであると思っています。
誰の指図もうけずに自分だけの判断だけで道を切り開いていく素晴らしさを味わっていただきたいのです。
ただ誤解されては困りますが、何でも自分の判断だけといっているのではありません。
人間が必要な食物を摂取して上手く生きていくように、本物の価値のあるものを嗅ぎ分けて
上手く吸収することが大切です。
特に株式の世界は魑魅魍魎の世界です。
貴方を食い物にして生き延びようという人間がごまんといる世界です。
何が本物で何が偽者なのかを見ぬく力が特に試される世界でもあります。
この見ぬく力はすぐにつくものではありませんが、その前に自分自身を磨くことが肝要かと
思います。
私自身が未完成だからこそ余計に感じるのです。
騙されるのは失礼な言い方ですが、騙すレベルの人間と同レベルという見方も出来るのです

株式投資は株の上手い下手という問題だけでなく、最後は人間力というか、、、自分自身を
どこまで高められたかにかかってくると思うようになりました。
そういうことも教えてくれた株式投資に感謝しています。
by 11miyamoto | 2004-10-31 06:48 | 十一の五六

11月1日から3日まで旅行の為休ませていただきます。

一番大切なタイミングの時に休みをとり申し訳ありません。
配信しましたとうりになるのかどうか大変気になるところなのですが、3日(水)の晩にまた
述べさせていただきます。
by 11miyamoto | 2004-10-30 20:49

最後のトンネルを抜けると、そこは天国の入り口であった。

今アメリカのナスダックが1,975ポイント 前日0.75ポイント安でひけました。
これが30ポイント高などでひけますと、10月25日につけた日経平均10,575円が
底値となり上昇したと思われるのですが、このポイントでは日経平均は再度この安値
にチャレンジして,10,350円の大底を形成するものと思われます。
新聞の見出しはアメリカの大統領選の不透明感が市場を襲うとでもなりましょうか。
しかしこれが今年最後の一番暗いトンネルになると思っています。
その日時は11月2日(火)か11月4日(木)、、、、たぶん11月2日でしょう。
持ち株は持続をお勧めします。
わずか2,3日のことですから、台風の通過をじっと我慢されることです。
逆にチャンス待ちの方には絶好の仕込場です。
ピンチはチャンスなのです。
株式投資の醍醐味は、このような大底圏で株を仕入れることに尽きます。
商売と同じです。
皆と同じ動きを(高値に食らいつき、大底で手放す)繰り返していたのでは、一向に
パーフォマンスは上がりません。
皆と逆の動き(底値近辺で食らいつき、天井高値近くで手放す)にチェンジされれば
株ってこんなに簡単だったのかと思われるようになります。

 そうは言うものの、今が高いか低いかをどうやって見分けるのか、、、、
それが難しいから株は儲けられないんだとおっしゃるのですね。
個別の株の80パーセントの上下を決めるのは日経平均です。
この日経平均を使い、今が買い時か売り時なのかを解説するのが、当道場の株式
天気図なのです。
ただ一つだけ注意しておきます。
この株式天気図は現物株オンリーの方からデリバテイブ(信用、先物、オプション等)
をやっておられる方まで幅広く対応しているため、若干日々の動きが細かいところ
まで記述していますので、現物オンリーの方はややスタンスを広めにとられて
過剰に反応されないほうがベターかと思います。




  
by 11miyamoto | 2004-10-30 06:07

夜明けは近い 灯りが見える

1日違いでころころ変わるので、株式予報ではなく天気予報と言われそうですが
大底圏内に入ってくると上のサインと下のサインが交互に出てきますので、このような
日替わりメニュー予報になってしまうのです。
先物やオプションをやらず現物株中心の方は、後1週間ぐらい静観されて、大底を
確認されてから買い出動されたほうが無難でしょう。
現物株の中に上に上がりたそうなチャートをした銘柄が増えてきました。
11月2日(火)あたりが転機になりそうです。
by 11miyamoto | 2004-10-29 17:45

秋晴れは信号待ち  結論は11月2日

すんなり秋晴れかと思ったら、突然信号待ちになりました。
やはり初めに懸念したとうり、大統領選の結果が気になりだしたようです。
今日の日経平均の終値は、明日朝判明するナスダック次第の微妙なポジションに
います。
良ければ10,800円台の秋晴れ圏へ、悪ければ10、600円台で最終のダブル底を
つけにいくでしょう。
底値は10,350円前後で11月2日(火)あたりまでの下落がありそうです。
私は下落の確率が高いとみています。
しかしここはあわてて株を処分されるところではありません。
大底の度に処分売り、急騰時に買いのパターンから脱却しないことには、敵の思う壺
です。
株は夜明け前が一番暗いのです。     もう少しの辛抱です。
by 11miyamoto | 2004-10-29 15:47

日経平均が陽転。  凄い相場になりそう

厚い雲で覆われていた日経平均が、アメリカのナスダック高気圧に一気に
吹き飛ばされて、今日陽転しました。
これからの10日間快晴の天気が続き、日経平均は11、500円を回復するでしょう。
その後も適当なお湿り(軽い調整)を挟みながら、12,000円台を窺う順調な流れと
なり、今までの調整ムードから来春に向けての強気相場が復活してくるでしょう。
ちなみにナスダックも三角持ち合いを上に着き抜けてきました。
日米ともに明るい相場展開になる相場つきになってきました。
日経平均,ナスダックの上昇と相俟って、今まで伸び悩んでいたハイテクの勝ち組に
スポットが当たりそうです。
by 11miyamoto | 2004-10-28 11:36

ジェットコースターガ急発進

明日からごとんごとんと登りつめたジェットコースターが急下降しだします。
アメリカの大統領選挙の前後まで4,5日かけて、日経平均で10,100円まで急降下です。
ここはいったん下車して、大統領選後まで小休止です。
その後は天高く,素晴らしい日本晴れが、年内一杯続くでしょう。
by 11miyamoto | 2004-10-27 16:43

貴方を勝利に導く株式天気図の配信のスタート

明日10月27日(水)の日経平均はやや小高くなるでしょう。
しかし10,760円まで止まりです。
明後日からは天気が一気に崩れますから、注意が必要です。
アメリカの大統領選が終わるまで外出は控えられた方が安全です。
by 11miyamoto | 2004-10-26 18:02