<   2005年 01月 ( 78 )   > この月の画像一覧

2/1(火) 株価事前チェック

22:20

2月が転機となって上昇する為には、明日2月1日の寄り付きが11、400円以上をつける
必要があります。
そしてその日に11、500円を回復してくれば、2月10日前後に12、000円をつける可能性は極めて高くなります。
その逆のケースとして、明日の寄りつきが今日の終値より高く寄りついたものの、その後に買いが入らず、終値で今日の終値より低くなってしまった時は、また逆戻りで11、000円台前半へと下落するでしょう。

これは私が繰り返し2月1日に11、450円をつけられるかが、天国と地獄の節目であるという
話しと附合してくると思います。
私はこの確率を90:10ぐらいの強気で見ています。
株価は予測できないという方が多いと思いますが、このポイント、ポイントを丹念に調べ上げていけば私は株価予測は可能と見ています。
私が今まで当てられなかったのは、只単に私のポイントの読み違いと株価予測をされると困る
機関のダマシ戦術で、株価は予測可能と今も信じています。
その試される日が明日なのです。    11、450円から12、000円までいった場合に株価は予測可能であった証明の一つにはなるでしょう。
只申し上げておきますが、これは精々10日から40日ぐらいの間で、半年先とかの長期は
全く不明です。  不思議に思われるかも判りませんが、直近と40日以後は当て難いのです。   これがチャートの解析の持つ強みと弱みでしょう。

02:51

ダウ      10、498.36ドル    71.16ドル高
ナスダック    2、061.28P    25.45P高
以上はNYの24:51(日本時間02:51)の相場展開。
日経平均の寄りつきにプラス材料となりそう。

06:25

シカゴ日経平均先物(05-03)    11、385円
ダウ                  10、489.94ドル  前日比62.74ドル高
ナスダック              2、62.41P   前日比26.59P高
WTI原油               1バレル 48.02円
ドル/円              103.66円

08:45

日経平均先物気配     11、400円を挟んだ動き
その後やや11、410円から420円にかけての動きにシフト
しかしここは余り高く寄りつくよりは低めからスタートして、ジリジリ上げていく方が本当は
望ましいと思われます。

09:02
日経平均寄り付き     11、422.02円  前日比 34.40円高
日経平均先物(05-03)  11、420円  前日比50円高
11、360円この辺りから切り返してあげる予定。
もし終値でこの価格を下回ると、前にローソク足の被せ線となり反落します。 
逆に今日付けた寄り付きの価格を上回りますと、1月11日から上値を押さえつけていた上値
抵抗線が、今度は下値のサポート線となり強い相場付きに一変します。

09:35
11、370円台での攻防。
25日移動平均線は昨日で11、389円まで上昇、11、400円まで後一息。
私のブログの現物株投資の「みずほ」も50万円台をつけてきました。
もう一息で2万円含み利益の段階まできました。

09:50
11、390円この価格帯でもみ合いそうです。   ここが上下の分岐点でしょう。
10:25
11、370円まで再び押し戻される。
昼から外資系の先物がどっと入りそうな予感、昨日のコピーか。

11:02
日経平均前場終値   11、390.68円  前日比3.09円高
日経平均先物(05-03) 11、390円    前日比20円高
やはり攻防の11、390円で日経平均も先物(05-03)も終わりました。
昼からは流れが変わるでしょう。

14:15
1月24日からの底値で立ち上がったと思っていましたが、スタートは1月28日(金)からが正しかったようです。
従って今日の日経平均は
11、350円前後でしょう。
しかし1日の読み違いだけですので、特に大きな問題はないでしょう。
明日にも11、400円台を付けて、上値抵抗線を突破です。
by 11miyamoto | 2005-01-31 22:45 | 株価予測

1/31(月) 株価事前チェック

申し訳ありませんが、今日はまもなく外出で記事が書けませんが、昨日書いておいた記事を参考にしてください。       強気持続です。
08:05
日経平均先物気配      11、310円売り54枚   
                  11、300円買い85枚
ほぼ予測の寄りつき具合になりそうです。   下で寄りつきその後に上げるというのが
理想的な展開です。
by 11miyamoto | 2005-01-31 07:36 | 株価予測

2月天気は転機。

来週の株価は大きな節目を迎えるでしょう。
それはローソク足に転機を示すサインが出たからです。1月28日(金)に下ヒゲの長いローソク足が現れました。
この形を首吊りトンカチというのです。   何となくそんな形をしているでしょう。
このローソク足が出現しますと上げトレンドになる確率が非常に高いのです。

過去のチャートを見てみましょう。
04.8月16日、10月25日、12月1日と出現しましたが、その後すぐか、まもなく全部が上がっているでしょう。
この逆で逆さトンカチが上昇中に出れば、下げトレンドへのシグナルとなります。

2月10日辺りが今回の決算報告書のピークとなります。
過去は知れば終わりで、決算を過ぎてから上がるというパターンだったのですが、私は今回
は先回りをして外人買いが入ると見ています。
先週末に私は株価は上がると読んだのですが、もしこのトンカチが上げサインなら先週末の
下げは騙しの可能性が高いのです。
株は絶えずこの手の騙しを入れてから上げるという常套手段をやります。
昨年の12月初めにもこの手の撹乱作戦を取ってきて惑わされたのです。
チャートを見られれば一目瞭然、閃光花火のようなローソク足になっているでしょう。
2度も騙されません、間違いなく上げる前の騙しで、狼狽売りを誘ったのです。
だから私は禁を破って、下げても切らずに自動売買せずに粘ったのです。
この手の細工をやれるのは、、、、、、以外考えられないでしょう。
こんな相手と戦うのですから日本も大変です。

私は平均移動線オンリーではありません。
確度の高いローソク足は参考にしています。
勉強ついでに後確度の高いローソク足のシグナルを見ておきましょう。
被せ線(かぶせせん)といって、チャートを見たほうが早いですね。
04年11月7日、8日に現れた2本のローソク足を見てください。
このように2本のローソク足が被さるとその後下落する確率が高いのです。その後の11月15、16日にも現れていますね。
それと空とも窓ともいわれる株価が飛ぶ場合は、これは強いサインです。
しかし昨年は株価がボックス圏入りしましたので、余りその事例は出ませんでした。

以上が確度の高いローソク足で憶えておかれて良い例でしょう。
3線のアリアに続き、ローソク足の上げトレンドへのシグナルは、2月相場が転機近しを告げるサインと見て良いでしょう。
by 11miyamoto | 2005-01-30 19:48 | 株価予測

国債は大丈夫か。

一昨日広島の友人から突然電話がかかりました。
彼は以前私が住んでいた町の隣人でしたが、その後互いに転勤で離れましたが連絡だけは
取り合っていた友人でした。
その彼がいきなり「宮本さん、5年後には日本が潰れるよ。  あんたは経済詳しいから
どんな対策を立ててるの」と藪から棒の話です。

私も今の政府や自治体の膨大な借金と国債の異常発行には気になっていましたが、5年後と日を区切られると流石に「えーそこまで」という感じで一瞬言葉を失ったのです。
いきなりの話しなので、経済に詳しい筈のない私に答えがあるはずはなく、あとは一方的に彼の経済の薀蓄を聞く羽目になりました。
そのことが気になって本屋で株の本の合間に見てみますと、「国家破産」とか「ハイパーインフレ」といった物騒な本が随分出ているのです。

しかしこの手の本は前からも出ていましたから、特に気に留めるということもなかったのですが、ぺらぺらと立ち読みしているうちに、彼の心配が全くの杞憂でもないことが判ってきたのです。
残された解決の道は日本経済がこれから劇的に変わり税収が飛躍的に伸びるか、それとも
今眠っている預金が一斉に株へと向かい、外資に持っていかれている金を日本に留めて
株収入の税金が飛躍的に伸びるというどちらにしてもやや現実味に欠ける選択肢しか残されていない点なのです。

彼は最後は世界の通貨のドルかなといいましたが、私から見れば円もドルもノーガードの
ボクサーの9ラウンド辺りのTVを見ているようで余り乗り気になれません。
しかしその時にふと思ったのですが、ハイパーインフレが不幸にも起ったとして、その時に
株はどういった反応をするだろうと考えたのです。
おこりかたにもよるでしょうが、落ち着いてくれば株が最強の防衛対策になるのではないかと
考えたのです。
為替のブレも計算に入れても、ここは内需株ではなく、NYで取引できる国際優良株こそが
最強の対策になりうることは考えの中に入れておいてもいいような気がしたのです。
そうなれば今の日本人の株に対する考え方は劇的に変わる可能性を秘めているということです。
先ず預金から株へのシフト、次ぎに株の短期所有から長期所有へ、さらに今個人株主に見向きもされていないトヨタ株辺りが急騰という信じられない出来事が次々に現実のケースとして現れてくるということは一応考えの中に入れておいても悪くない気がして来ました。
それと何も日本株に拘らなくても、世界の株を買うということだってできるのです。

このシナリオが姿を現し出すのは、債権と長期金利の上昇からだと思います。
株だけでなくこれからはこの2つにも充分な目配せが視野に入ってきたのかもわかりません。
只私は日本人ですので、ナンとかこの事態は避けられるものなら避けたいと思います。
それには株を買いましょうということを改めて言い続けることが任務かなと思いました。

只この問題は厄介な問題を抱えており、経済や株が上がれば当然金利を上げざるをえなくなります。  税収の伸びが金利の伸びをオーバーすれば問題がないのですが、莫大な借金の金利償還分をクリアするのは大変で、当面金融は超緩めのジャブジャブの状態のゼロ金利しか金融政策が取れないというジレンマに陥っている訳です。
従って政府のとれる選択肢は財政を大縮小するか、モルヒネ注射を打ちまくって最後にハイパーインフレで借金棒引きの挙に出るかという選択肢しかないと思われてしまっているわけです。   年金問題も含めて政府からの明快なコメントが無いのが、今の日本の漠然とした
不安の根拠でしょう。

今庶民がとれる防衛策は借金をしないことです。 
逆に借金をするのなら、金を用意して借金をすることです。
私個人の話しですが、今の低金利のうちに0.1パーセントのローンでパソコンを買おうと思っています。  そして用意した金を銀行から引いてもらうのです。
バブルの時と全くの逆発想をしているのです。
それと既にローンを組んで住宅ローンをしてしまった人は、出きるだけ率は高くなっても固定金利に換えられたほうが良いような気がします。

この低金利は作られた極めて不安定な金利です。   ゼロより下がないのですから、上がるしかないのです。
アメリカは2月1、2日にFOMCのFFレートを0.25パーセント上げて2.5パーセントにするはずです。   ユーロの政策金利も2.0パーセントです。
このように金利で国の経済をコントロールできる国はノーマルな訳です。
不良債権であれだけ銀行を厳しく指導した国が、まだ自国の不良債権には手づかずというのも不思議な話です。


  
by 11miyamoto | 2005-01-30 07:07 | 雑感

私は誰に対してブログを書いているか。

しかしこれは私の考え方であって、主流はあくまで株式投資は儲けを出すことではある訳です。   
私の立場のように暢気なことを言っていられない、プロの方やアマの方もおられるでしょう。
考え方には色々な多様な考え方があるのは当たり前ですし、反対意見には全く聞く耳持たぬ
では唯我独尊に陥ってしまうでしょう。
要はそれぞれのお立場で自分の考え方を、自らお決めになれば良いことで、そしてお互いの立場を認め合えば良いのだと思います。
昨日私は初中級の方に対して書いていると、誠に失礼な言い方をしてしまいました。
NO1に書いた私の趣旨をご理解頂ける方に訂正させていただきます。

私は自分の主張には極めて頑固な人間だと自分でも思います。
それが今までいた組織の中(上の方)で受け入れられなかった理由の一つだと思っています。  
 しかし反面私は人の色々な考え方には寛容な方で、それが水平感覚で付き合える
人とは随分と人持ちになれた理由だと信じています。
それと私は人や物事を特定の見方、大雑把な見方、差別する見方が大嫌いです。
株でも人種でもばっさり言いきる方がままおられますが、物事は何でもそんなに乱暴に
言い切れるものではないと思うのです。
それは最近人でも、物事でも強く感じることの一つです。

特に人に対して私が定年して自由の身になってから、特に強く感じたことの一つでした。
興味が今までの限られた世界からどんどん広がるにつれて、俳句や英会話、園芸、哲学、脳科学ととめどもなく広がるにつれて人間の持つ多様性を強く意識するようになりました。
この方がこんなことにこんなに深く興味を持たれていたのかと驚くことの連続です。
逆に私が株式投資のブログを開いていると聞いて、私を知っておられた大多数の方が
吃驚されたのです。
それはゴルフのブログの間違いだろうと思われた方が多かったようです。
30年前私は凝り性ですので、ゴルフに凝りに凝った時期があったからです。
それが今は老化と肘を痛めたのとで、昔の仲間からのねたみから同情を誘う100切りに挑戦しなければならない身の上まで落ち込んでしまいました。
それでもハンデイは昔のままですのでアッシー君です。
株で儲けているからばらまけというのが彼らの言い分なのです。
済みません、だいぶ横道に入りましたのでこの話しは終わります。
by 11miyamoto | 2005-01-30 06:08 | 株価予測

私のブログは誰に対して書いているのか。  NO1

私が初め小人数の友人、知人向けから急激に沢山の方が訪問された時に、私はこれから誰に対してこのブログを書いていくのか迷いました。
その時に私は株の楽しさを伝えていこうと思ったのです。
レベルでいえば初心者か精々中級者レベルまでという想定でした。
楽しさとはいっても負けっぱなしでは楽しくはないでしょうから、勝つ喜びも踏まえて伝えていこうとしたのです。
しかし勝つことのみが全てと言うプロやプロレベルに近いアマの方のことは想定していませんでした。
所謂道場破りのレベルの方が訪問されるということは考えていませんでした。
ところが私が先物やオプションを書いているものですから、このレベルの方が訪問されていることがわかり吃驚いたしました。

物事と言うのはどの視点で見るかによって見方が、180度変わるものです。
アメリカのブッシュ大統領の見方が、戦争というキーワードで180度変わるのと同じです。
どちらが正しいかどうかは歴史の審判を経ないと判りません。
しかし私のブログは初めに述べました前半の視点で、判断をしていただくことをお願いしたいのです。
私の投資成績(ドリーム投資)だけで判断されるということではなく、私の一番の眼目であるこの方々に対してその役目を果たしているのかと言う項目も加えてご判断やコメントをいただきたいのです。

ただ今回私にも大きな反省点がありました。
この誰に対して書いているのかというポイントが不明確になっていた点です。
これは早速改めて、ドリーム投資に先物、オプションのみに限定して書き、本文は初心者を中心とした勝つ楽しみを含めた楽しい読み物になるように書き改めます。

ドリーム投資は私はまだデリバ経験も浅く初心者です。
従って今回のドリーム投資はチャレンジで、数々の失敗をするでしょう。
達成できるか出来ないかに係わらず、数々の失敗をするでしょう。
どこに失敗の原因があり、そこをどう学習していくのかを見守っていてください。どう乗り越えたかという結果論ではなく、どこで躓きどう克服したか、失敗の問題点を分析してどう対処
したかから、学んでください。

《済みません、関西棋院への時間です、戻り次第書きます)

つもりでしたが、碁で力を使い果たしましたので明日書かせていただきます。

昨晩は12人もの方からコメントを、また何人かからもメールも頂きました。
皆様のこのブログへの熱い思いが、私には痛いほど感じられました。
私のブログがコンスタントに訪問者が増えているということは、それだけ固定したファンの方が定着したのだという想いを持ちました。

それは今まで株式投資が儲けていくらという単眼発想から、私が株式投資が人間を磨いてくれる素晴らしい教育の場であること、株式投資が汗と忍耐のみの体育系のゲームではなく
笑いと楽しみの文科系のゲームであること、しかし負けてばかりでは楽しくないでしょうから
キチンとチャートを勉強しましょうといった複眼の発想を持ち込んだことに対するファンの方の反応だったと思うのです。



《続きます)
by 11miyamoto | 2005-01-29 11:16 | 株価予測

再び3線のアリア。

h さんから問題提起があり気になっていたのですが、時間がなくて答えをそのままにしていました。
それは3線のアリア(以後上下はつけません)で、25日移動平均線が75日線、200日線と次々にゴールデンクロスをつけた後は、株価は絶対に3線の下までは一気に下落しませんと
私が記事の中で述べましたところ、02年前半に起こっていますよとのご指摘があったのです。
調べますと本当にご指摘通りなのです。
人間の記憶が如何に頼りないものかということを実感しました。
前に書きました鈴木会長の言われる、過去のデータに拘る人間を排除されるのはこのようなことをいうのでしょう。
 
問題はこのケースが今回にも当てはまるのかということが、これからの最大の課題でしょう。
この3線を突き破って下まで株価が落ちてきたのは、この時はGCが起ってから3ヶ月後でした。
いずれ天まで言った株価が落ちてくるのは当たり前で、しかしその時は少なくとも半年後ぐらいは持つだろうという感触だったのです。
GCがない場合は頻繁に3線のアリアはおこっています。
しかしGC後すぐではないにしても、それでも3ヶ月後に起るとは意外でした。
問題は3ヶ月後に何故株価が反転したかにあります。
先ず考えられるのは200日線の違いです。    02年はやや右肩下がりで入ってきました。    
それに対して今回はやや右肩上がりで入って来ています。
この200日線というのは重要で、3から6ヶ月先を照らす灯台のような役目をします。
これで見ても今回の方に分がありそうです。
それとGCをつけた後の下げ具合にも大きな差がありそうです。
02年は天を付けた後14日で約1、000円下げました。
それに対して今回は13日目で下げ幅は350円前後です。
日柄調整の日にちはほぼ同じですが、下げ幅が約3分の1と小さい点です。

それでも02年の時でも3線の中から一旦は上に出ているのです。
その後再び3ヶ月後に下へと潜っていったのは、200日線が右肩上がりにならなかったことが、一番の原因だと私は分析しました。
幸い今回の200日線はほぼ今は水平です。
となるとこの後の株価が25日線に従って上昇するという、初めの読みに戻ってくるのです。

気になるのは200日線ですが、これが今後どうなるかなのですが、これが何と昨年4月に
日経平均が12、000円を付けた時の辺りが200日前なのです。
ということは今の株価では下がり始めるということなのです。
ただ母数が200で割りますから、そんなにどんどん下がっていくというものでもないのですが、このままでは1日4、5円近い下げが考えられます。
2週間後には例の1、700円近い下げがありますので、200日線にしてはこれから極めて
波高しの状態を迎えます。
つまり初めの2週間は下げて11、200円まで下げてきますが、その後再び上昇して11、250円を超えてくるという展開が考えられます。
まさに2月は波瀾の月です。
そして押し目はあるでしょうが、この200日線の上昇は日経平均に良い結果をもたらすでしょう。
75日線は昨年10月の10、600円辺りでしたから問題はないでしょう。

以上から導き出せる結論は、今回も200日線に2回タッチした後急反転して、12、000円え向かう確率が極めて高いというのが、過去のゴールデンクロス後の株価の経験則で言えると思います。
後はリスク対策ですが、今は底値《11、218円)の確率が高いと思いますが、敢えて火中の栗を拾われる冒険は、余裕の方だけで良いでしょう。
11、400円台からの参戦で間に合うと思います。

それから林檎さん、有難うございました。
色々と技術指導頂き助かりました。
by 11miyamoto | 2005-01-28 11:45 | テクニカル分析

1/28(金) 株価事前チェック

06:30

NY株は読み違いました。   まだボタンの掛け違いが続いているようです。
少し様子を見ます。

シカゴ日経平均先物   11、335円
原油価格     1バレル  48.84ドル  前日比0.06ドル高
ダウ       10、467.40ドル      前日比31.19安
ナスダック   2、047.15P         前日比1.06P高
ドル/円    103.15円

08:05

日経平均先物(05-03)      11、350円売り136枚
                     11、340円買い76枚
08:50
同じく                  11、350円198枚
                      11、340円182枚と拮抗。
一晩寝るとやや冷静になりました。
この2日間の株価は初めが行き過ぎ、次ぎが冷やし過ぎで、今日がその真中の中庸というふうに解釈するようになりました。

09:02

日経平均寄り付き   11、334.41円   前日比 6.90円安
日経平均先物(05-03)   11、340円  前日比10円安

従って今日の狙いは25日移動平均線が昨日11、370円を付けてきましたので、後10円足した11、380円を付けてくれれば順調な回復の足取りと見られるのです。
 
09:45
日経平均のチャートを出してください。
今の動きはボーダーライン上の売り方と買い方の猛烈な綱引き合戦中なのです。
出していただきましたか。    1月18日に十字が出てますね、次ぎの日19日と更に次ぎの日20日共に黒棒のアイスキャンデーが並んでいますね。
この天辺を線で結ぶのです。
右にいくに従い線が下がって、今日の辺りの価格はどうなっていますか。
約11、310円辺りが線の通過ラインだと思うのです。
この線を跨いで下に潜れば、この線が上値抵抗線になり、上に抜け出せば下値サポートラインになるのです。

これぞ天地の差というのでしょう。
上は天国、下は地獄。   
10:00  五分の戦いになってきました。
株はあがっている時はサポートラインが下に出来てサポートしてくれます。
逆に今のように1月11日から下がってしまいますと、このように上値抵抗線が出来て、この線を突き破らないと株価は回復しないのです。
それが1月26日には一旦この抵抗線を突き破ったのですが、今再度試されている訳です。

11:10
日経平均前場終値    11、305.40円  前日比35.91円安
日経平均先物       11、310円     前日比40円安
まだ攻防が続いています。   只の36円安ではないのです。

13:15

昼食を取っている間にえらいことになっていましたね。
しかし最悪11、250円はあると見ていました。
逆に早くこの値段が着いたほうが、来週からの戻りのチャンスが広がると思います。
上の記事で書きましたようにGC後の3線のアリアでは、200日線までが下げの限度でしょう。  それも不思議と2回底値を叩きにきます。

それと再度調べなおして、やはり最終の上値抵抗線は1月11日が天で、次ぎの1月18日
との天辺を線で結んでください。
それが今回の上値抵抗線であることがわかりました。
従って2月1日(火)に11、400円を超えてくれば株価は陽転となります。
どうももたつきましたが、一番初めに出していた結論に近い答えになりました。
ただこのシナリオ通りではなく、終値で11、210円を割ってきた時は下げトレンドへの転換の
可能性も考えられます。
株の世界に絶対はありませんので、注意に注意してください。

15:10
日経平均終値     11、320.58円  前日比 20.73円安
日経平均先物(05-03)  11、280円

月曜日が楽しみの展開に一気に変わってきました。
やはり2月初めが転換日であることが明らかになりそうです。

しかし終わってみれば100円もの長い下ひげをつけて、元の私が言っていましたボーダー
ラインの上にあっという間に出てきました。
狐につままれたような話です。     昨日の話しとどうも附合しますね。
by 11miyamoto | 2005-01-28 06:35 | 株価予測

1/27(木) ドリーム投資の成果

見事に嵌められましたね。   私が朝に11、340円の下値サポート線が守ってくれると言って出かけたのに、11、310円と破ってきました。
そこまでは来ないだろうと、たかを括って出かけたら見事にそこまで来たのです。
それが一転終値は見事に11、340円に戻しているのです。
こんな辻褄の合うことが、市場の売買だけで決ると思われますか。
初めから筋書きは決っていたのです。

この時間に戻っていれば、即買い戻せたのですが後の祭りです。
明日は11、400円台にのせて寄り付くでしょう。
もしこの通りになったら、私が前から言っているスーパークレイが、株価を操作しているということも、強ち誇張ではないと思われるでしょう。

今日のスタート    1、621、500円
取引     先物(05-03)1枚11、310円で売り
収支     先物(05-03)  60、000円損確定、手数料2、100円 
       先物(05-03) 20、000円含み損   オプション30、000円含み損
手持ち   先物(05-03)11、340円買い1枚、オプション115C2枚
現在の資金    1、509、400円  


今日は帰りが遅くなり疲れました。  風呂に入って寝ますので、後は後日にします。

言い忘れました。  何故明日日経平均が上がるのか、、、それはNY株が上がるからです。
by 11miyamoto | 2005-01-27 21:18 | ドリーム投資

1/27(k木) 株価事前チェック

06:10

NY株続伸、シカゴ日経平均先物(05-03)も11,415円と11,400円台へ乗せてきました。
今日は念願の上値抵抗線の11,450円を突破できるかへのチャレンジの日です。

ダウ   10、498.59ドル  前日比37.03ドル高
ナスダック   2、046.09P  前日比26.14P高
原油    1バレル48.78ドル   前日比0.86安
ドル/円    103.02円

シカゴ日経平均先物(05-03)   その後下げてきて11,385円

08:40
日経平均先物(05-03)    11,390円売り1、321枚
                   11,380円買い306枚
昨日の11,450円に窓を明けて飛ぶという予測は外れました。
しかし11,400円台へのチャレンジが始まるものと思います。

前に私は2月キャンプに到達する前に、11,370円の壁,11,450円の壁の2つがあると言っていました。
意外にこの11,370円の壁が厚かったと言うことです。
しかし心配はしていません。  この壁に叩き落された訳ではなく、今まさにここを踏み越えたところなのです。
敬意を表して通過したところだと解釈していますので、今のところポジションを
外すつもりはありません。
逆に上値抵抗線を突破しましたので、下値サポート線に変化しています。
従って11,340円までは下げてもこの線が守ってくれるはずです。
それ以上下げれば一旦外すことも考えます。

09:05
日経平均寄り付き      11,390.09円    前日比13.52円高 
日経平均先物(05-03)   11,390円    前日比20円高

今日一番嫌な寄り付きは11,330円以下で寄りつくことだったのですが、この寄付きだと
再び上値抵抗線に跳ね戻されたことになり、2月キャンプが遠ざかる可能性があったのです。
幸い予測は当たりませんでしたが、この線をクリアしましたし,後は11,340円を割って後戻りしないかを見守るだけです。

10:10
11,350円台でもみ合い。
10:19
11,328円  思案六法。
逆にこれではっきりしてきました。    2月キャンプへの最大の難所は、この線が上値抵抗線となるか,それとも下値サポート線になるかで、11,450円はさして重要ではないようです。
この線さえパスすれば展望が開けてきます。

11:20
前場日経平均終値  11,327.46円  前日比49.11円安
日経平均先物(05-03)  11,330円

申し訳ありませんが、今から法事で出かけます。

ドリーム投資は先物(05-03)が11、310円が付けば1枚売るということにしておきます。
ここは最後の上値抵抗線の頑張りで株価は一旦下げましたが、残り2日で再び上昇基調に戻ると見ています。
私がハッスルすると株価の逆ギレ現象は今回も生きていました。
済みませんがコメント、メールは夜にさせていただきます。
by 11miyamoto | 2005-01-27 06:13 | 株価予測