<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

送金頂いた確認のメール順次送付中です

大変遅れて申し訳ありません。  こんなに名簿との突合せが時間を取るとは考えていませんでした。   途中から気がついて、あいうえお順の名簿を作って照合しようとしたのですが、またこの名簿を作るのに時間がかかり、結局元のやり方で照合しました。   
それと照合した方への確認のメールですが、1時間に30メールが限度で目下未だ3分の1程度で、終わるのに連休一杯かかりそうです。  後10日余りで送付作業、確認メール、原稿の最終チェック、印刷の刷り上がりの確認と分刻みの作業になってきました。   初めは原稿書きが60%で,後の作業は40%ぐらいの比重で見ていたのですが、現在の感覚では原稿書きが10%で、後の作業が90%と大幅な作業の見込み違いをしていました。    幸いに今年は花粉症もたいしたことがなく助かっています。   それと病気知らずできましたのでついています。 この年で連休も返上で目1杯働けるのは幸せなことと思っています。   しかし正直この2ヶ月間、生まれてからこんなに仕事をしたのは初めてです。   好きなゴルフも囲碁もすべて断ち、毎日パソコンに向かいました。   どうしても断れないゴルフは1回だけと葬式は3回こなしましたが。
改めて自分の見通しの甘さに呆れています。  そして余りにもパソコンの実務能力不足が露呈しました。  もっと名簿検索ソフトの活用が必要だったようです。 
その為皆様にはいろいろとご迷惑をお掛けしました。   ただここで私が倒れましたら,それこそ皆様に多大なご迷惑をお掛けしますので、第一回配本が終わった後は、2,3日休養を取る予定です。   
by 11miyamoto | 2006-04-29 20:39 | 雑感

今週からの相場展開  その2   追加あり

昨日の500円近い下げに突然弱気になられたのではないですか。    しかしこれは私が書きました相場展開その1の先物の仕掛けなのです。   突然の円高を材料に,そこへ原油高をからませてきました。   これらの材料は底辺で資金は繋がっていると見ています。   しかし彼らが試せるのは、日経平均の13週移動平均線の16、600円辺りまでで、そこから先はこの日経平均の今の上昇を止める26週移動平均線の16、000円が限度でしょう。   そこまではあり得ると腹を括られれば、逆に今回は13週移動平均線タッチが買い場となるでしょう。   そこを割っても26週移動平均線までは冷静に見守ってください。   彼らの日経平均の日足チャートの1番不安定な時期を狙ったこけおどしに乗ってはいけません。   今日25日に日経平均が17,000円以上でひければ、株価は25日移動平均線で反発の可能性すらあるかもしれません。
私は今の日本経済の強さは本物で、チャートうんぬんではなくファンダメンタルはしっかりしており、これをひっくり返すような動きはいかなスーパークレイといえども無理でしょう。
私は今週は読めないと申し上げたのは、弱気になったからではなく、この先物連中の仕掛けがどちらに出るかが読めなかっただけで、中長期は2万円に向けての過程であるという読みになんの迷いもありません。 そして今後の相場展開の鍵を握るのは、個人投資家と見ています。    その個人投資家ですが,残念ながら今年に入っての新興市場での大打撃から、まだ立ち直っていない状態だと思います。    ところがその傷がふさがらないままに、信用残高がまだ高い水準で推移しています。    もし連休明けに信用規制が噂通り決行されますと、怖い話になりますが、結果として日経平均は再度下値トライの26週移動平均線の16,000円を試して、その後あく抜けした相場になることでしょう。     このような結果を招いたのは,昨年
9月以降の熱狂相場のつけが今正に廻ってきているということなのです。    その時に買われた人気のソフトバンク9984、鉄鋼株、メガバンク株の信用の期日売りが、このゴールデンウィークと重なるのです。   今が底値か,まだもう一度下落かが、連休明けにほぼ判明するでしょう。  今日はこの一連の株は反発の気配を見せました。    ここから当分の間、目が離せません。

*ここ2日で初めて私のチャート白本にキャンセルが出ました。   4件の内3件までが新興市場での大打撃で株からの撤退を余儀なくされ、もう株の本は要りませんというメールでした。
私がもう少し早く、せめてもう半年前にこの方達に本をお届けできていたらと悔やまれます。
はたして私如きの本でお救いできたかどうかはわかりませんが、何にしても残念です。
私も今までに何回もプロの餌食にあって,株を断念する寸前まで追い込まれただけに、この方々の無念さを思うに余りあります。   プロの方も生活がかかっているのですから、必死に戦った結果であって、誰を恨むというものではなくこれが株式市場の姿なのです。
また心新たに再起され、再び再チャレンジされる日をお待ちしております。
by 11miyamoto | 2006-04-25 10:31 | 株価予測

今週からの相場展開   その1

連休前の読みの難しい週間になりました。    先週は日経平均は予測通りにはなりましたが、個別株は相変わらず値嵩株中心で、自動車、輸出関連株が賑わい、個人投資家が期待する低位株、鉄鋼株、銀行株、ソフトバンクといった銘柄は不発に終わりました。
新興市場が再び崩れてきましたので、ここヘきて再び東証1部の超一流株回帰が起こっているようです。   特に東証マザースの銘柄には、ライブドアが登録を抹消された影響で、この次ぎ探しの悪い連鎖が始まったのかなと思います。
日経平均の日足チャートで見ますと、非常に不安定なポジションにいます。   上にも下にも
どちらにもぶれやすい形といえます。   もし動くとなると国内投資家ではなく、海外の先物の仕掛けでしょう。    この連休の空白を狙って仕掛けてくる可能性は充分ににあります。
原油の75ドルという材料を使った売り仕掛けと、NY株の高値更新と肩透かしを食らった低位株での高値トライの買い仕掛けと2通りありますが、私は後者がやや優勢かと見ています。
今週からの相場展開は、日経平均よりも個別株に着目されたほうが良いでしょう。    個別株はこれから大きく2極化する方向に向かうでしょう。    それが今回の決算発表で明かになるでしょう。   したがって当分新規買いはお勧めしません。   例年連休前後は相場が荒れることが多く敢えてこの時期に冒険されることはないと思うからです。    それと3月期の決算発表が始まりますが、これを見てからでも遅くはないと思います。   特に今回は今までのように底上げ買いではなく、企業業績を見た選別買いが高まってきました。    決算内容が悪ければ叩かれ良ければ株価に反映されるという業績相場になります。    少し歯切れの悪い記事になりましたが、連休を過ぎないと相場展開が読めないというのが、今の私の正直な感想です。
by 11miyamoto | 2006-04-23 07:56 | 株価予測

顧客満足からアイデス(愛です)へ。

私が現役のサラリーマン時代は、物を売るにはいかに顧客に満足を提供できるかが勝負と言われていました。   今はこれを超えて顧客に感動を与えられるかどうかがポイントになってきました。   いかに大量のCMを流して宣伝しても、1度買った顧客が心酔し、その感動を別の人に伝えてくれるくらいのレベルまでいかないと、大きな消費トレンドにならない時代に突入しました。  したがって物の販売は顧客の購入で完結する商法から、売ったことから始まる商法へと進化したのです。   購入された顧客がその後の販売を決めるのです。
満足レベルでその顧客で止まってしまっては並の商品。  そこから更に顧客を心酔させて、その感動を他の人に伝えたくなるレベルまで引き上げる必要があるのです。
それには買った顧客に、その後の徹底的なアフターサービスやフォローが不可欠になってくるのです。  顧客の感動を生む条件は「作り手がいかに自分たちのことを考えてくれたか」。
その為には作り手は利己的な考えではなく、他利的な考えに力点を置く必要があるのです。
売るのはモノではなく世界観や哲学、夢だと認識する商法への変換が求められる時代に突入しました。   これを大変な時代になったと考えるか、すごく楽しい時代になったと考えるかで、その作り手の方の哲学が見えてきそうです。
アイデスとは、A(アテンション・注意)、I (インターレスト・関心)、D(デザイアー・欲求)、E(イクスピーリアンス・購入)、E(エンシュ-ジアム・心酔)、S(シェアー・推奨)の略です。
by 11miyamoto | 2006-04-17 14:30 | 雑感

今週の日経平均の予測。

週前半は調整が続くも、後半から低位株が動き出しますと、後半から来週にかけて反発の可能性が高まるものと思われます。   チャート的にはかなり反発の気配寸前の姿をしている銘柄が増えてきましたが、もう1週調整があるかもしれません。
しかし今のところ大きく調整する気配は見当たりません。   調整しても25日移動平均線がらみまでの調整と見ています。   今週から日経平均よりも、低位株が動き出すかどうかがポイントでしょう。  ここが動き出すとダイナミックな動きになる可能性があります。
どちらにしてもここは株価が大きく動き出す前の静かな踏み台の週となるでしょう。
by 11miyamoto | 2006-04-16 21:51 | 株価予測

白チャートのご入金確認にやや手間取っています。

正式にお申し込みいただいた方は、現在でおよそご予約者の85%になりました。     あとで判明いたしましたが、当方のダブり登録とご予約のダブリメールとでこれで一応すべての方の登録はほぼ終わったと見ています。    そこでご入金の確認を行っていますが通帳の記載がお名前だけですので、思いのほか難航しています。   例えば申し込みメールは漢字ですが、振込み名はカタカナでの記載ですので確定するのに時間がかかっています。    それに多分書き間違いだと思いますが、宮本壽一名で送られてきた方があります。    多分逆に書かれたのだと思いますが、心当たりの方は至急ご連絡下さい。     あれやこれやでご送金の確認メールをお送りできるのは、あと1週間ぐらいお時間を頂戴したいと思います。    誠にすべてに亘り遅れ気味で申し訳ありませんが、他人に任せてできない仕事ですので、目下妻と二人で夜なべ仕事でチェックしています。
幸い朝4時半に起きて書く作業をしてからは、ほぼ今回の分の記事は書き終えました。
あとは図表とのチェックと校正になりますが、印刷屋さんとの打合せを要れても、5月連休明けに発送というお約束だけは守れそうです。   なんかこんなことを書きますと、大変そうに取られかねませんが、決してそうではなく妻と二人で楽しみながらやっています。
2年前に先物取引でたった1日で何百万儲けた、損をしたといっていたときに比べて充実感が全く違うのです。   それとこの間信頼のおける仲間内で作業を手伝ってもらい、その後宴会をしたのですが、その楽しかったこと。   印刷屋さんも配送屋さんも仕出しやさんインターネット屋も注文が増えて喜んでいただきました。    喜んでいただく顔が増えるのはとても嬉しいものです。    やはり仕事は自分と証券会社だけで完結するものより、多くの人に助けてもらいながら完結するほうが遥かに楽しいことを実感しました。    60億円儲けたデイトレさんが、
パソコンに向かうのが苦痛といっていたことは本当です。   私はそこまで儲けませんでしたが(というより先物の儲けは全部吐き出してしまいましたが)彼の気持ちが痛いほどその時にわかったのです。   今は忙しくても本当に充実しています。
仕事とは儲かるとか儲からないとは私には関係ないようです。    いつも買うおはぎが半額になった時、喜んでいる気持ちをいつまでも持ちつづけることのほうが大切と感じました。 
by 11miyamoto | 2006-04-15 11:10 | 雑感

今週の相場展開は日柄か値柄かの調整

今週の相場は一服相場となるでしょう。   昨日10日に日経平均株価で始値と終値がほぼ同じ値近くなる寄引同時線という十字線が出来ました。   これは売り方と買い方が相撲でいう
がっぷり四つで力が拮抗した時に出る線なのです。     したがって今後の展開でどちらかに
相場がいく前兆といえるでしょう。   ここは騰落レシオ(25日移動平均)も133.93パーセントとなり、一旦日柄か値柄かの調整に入るゾーンにきました。     これはもう一つ銘柄の切り替え時期にきたこともその原因といえます。   今までは値嵩株が相場を引っ張って着ましたが、そろそろ限界がきましたのでそこで低位株へのスイッチをするタイミングが来たと見るべきでしょう。 
by 11miyamoto | 2006-04-11 14:00 | 株価予測

タイショウ ウラァ

私が司馬遼太郎の作品に最初に接した作品が「菜の花の沖」でした。   小説の主人公は高田屋嘉兵衛。    時は江戸時代後期。    高田屋嘉兵衛が淡路島でとれた菜種油を江戸に運ぶ回船問屋をしていたときに、ロシア船デイアナ号に拿捕されるも、その後起きたゴローニン船長釈放の為両国の架け橋となって両国を説得して船長の釈放にこぎつける。
函館からゴローニンを乗せたデイアナ号が去るとき、港で見送る嘉兵衛に向かって、乗組員が全員、甲板に上がり感謝の気持ちを込めて叫んだ言葉。  「ウラァ(万歳)、タイショウ(大将)」
その後嘉兵衛が生まれ故郷の淡路島の五色町都志で息を引き取るときに小さい声で言った言葉。  「ドウカ、タノム。 ミンナデ、タイショウ、ウラァ、と喚んでくれ」
この小説を書いた後、司馬遼(こう書かせてください)は地元の講演会でこう話したそうです。
「総理大臣になることより、大きな企業の社長になることより、死ぬときに「タイショウ ウラァ」ということがあるかないか。   その瞬間がおれの人生だったという思い出を持つかどうかが、大事だと思います」
私が何故かくも司馬遼の小説の主人公に魅せられるのか、今この一言が全てを語っていると思います。     
by 11miyamoto | 2006-04-09 09:47 | 雑感

白チャート発売のご案内の通知  締めきりは25日です NO2

4月3日に正式受付をおこなってから、現在までに凡そ予約者の8割の方は申し込まれました。
残りの方はこれからまだ申し込まれるのか、それともキャンセルなのか、或は予約ですでに受付けを完了したと思っておられるのかのこの3つの事例が考えられます。
前2つは良いのですが、最後の予約で受け付け完了したと思われている方は、至急に正式の受付けを完了していただきたいと思います。     受付けのフォームは4月25日で一旦終了しますのでよろしくお願いいたします。    それ以後も私のメールで対応はいたしますが、印刷の部数の関係もありますのでお渡しできるかどうかは保証できかねます。
by 11miyamoto | 2006-04-08 09:38 | 雑感

白チャート発売のご案内の通知  NO1

お約束通りご予約頂いた方に「白チャート発売のご案内の通知」を昨日4月3日に通知完了いたしました。   このお送りいたしました手続きにしたがって正式のお申し込みを完了させてください。    お申し込みいただいた方で、現在未だその通知が届いておられない方がおられましたらメールでご通知ください。   頂いたメール宛にご案内をお送りいたします。

またこれまでに頂いたお問い合わせで多かったものをご紹介させていただきます。
Q 入力した内容を変更したい。
A 登録と同様の手順で変更を行うことが出来ます。

Q 画面が文字化けする。
A IEの場合は,メニューの「表示」→「エンコード」→「Unicode(UTF-8)」を選択してください。

Q メールアドレスを入力して送信ボタンを押しても次ぎに進めない。
A 手順を記載したメールが,入力されたメールアドレス宛に届いているかと思います。
  「株式指南宮本道場お申し込み内容確認のお知らせ」という件名ですので,今一度ご確認
  下さい。

なおメールが届かない場合は,メールアドレスを間違って入力した可能性があります。
再度メールアドレスを登録し直してください。  (全角,半角の間違いがありませんか)

*ご連絡事項  早くも沢山の方からお振込を頂いておりますが、目下受付けに全力をあげていますので、振込みの確認まで手が廻らない状態になっています。   誠に申し訳ありませんが、振込み完了のご連絡は来週に行いますので、それまでお待ち頂きますようにお願い申し上げます。
それと予約者全員にお送りした筈なのですが、もれがあったようでかなりのメールを頂いています。   こちらの方も順番にご通知をお送りする予定ですが、今しばらくお待ち頂くようお願いいたします。
4月3日に通知をお送りして以来、毎日100人単位の方からの受付けに忙殺されています。
今週はこの仕事にかかりきりになりそうです。   本の執筆も気にかかりますが、ここは覚悟を決めて取り敢えずこの仕事をやり遂げることに専念することにしました。
by 11miyamoto | 2006-04-04 15:47 | 雑感