<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

最良の株の本(ブログ)

皆さんにとって最良の株の本とは一体どんな本を考えておられますか。   ブログで探される自分好みのブログとはどんなものを探されていますか。    先ず株の本ですから儲けさせてくれるそうなものを中心に探されておられることでしょう。     日経平均の予測がよく当たり、お宝株を教えてくれるものが一般的には人気があるでしょう。    株式ブログを見ても,本屋さんで並ぶ本も殆どがこの手のもので占められています。     そのような方にとって私のような書き方のブログは,あまり関心を呼ばない部類のほうに属するでしょう。     超人気ブログの訪問者数を見ても,私のブログの訪問者は大体数分の1くらいですから,基本的には静かな
ブログといえると思います。     その代わり訪問者はコンスタントで,若干の上下はありますが毎日決った方の訪問があるようです。   私も欲の深い人間ですから、勿論たくさんの方が
訪問してくださることは嬉しいのです。    しかしそれ以上に私にとって嬉しいことがあるのです。    それは私のブログを見て株式投資が楽しくなったといっていただくことです。
儲けたから楽しい,損を出したから悲しいというのはわかりますが、そのような金銭的な部分だけでなく,もっと広く株式投資をすること自体が楽しくなったと思っていただけることが願いなのです。    こういうことを言いますとそれは綺麗ごとだ。   株式投資の目的は儲けることにあるのであり、会社でも赤字企業が許されないのと同様そのような考え方は認められないとお思いの方は多いでしょう。    私もこのような考え方になったのはほんの数年前で、それまでは一般的な儲けていくらの考え方をしていました。    ところがこのような直截的な考え方に限界があることを悟ったのです。    その第1歩が人に頼らないことでした。    株式投資のような刻々とスピードの速い変化についていくのには、本や雑誌の過去の成功の情報で戦えないことを悟ったのです。    2番目が自分で戦うのであれば、何が一番自分の力になるかという力の源泉を知りたくなったのです。     そのような時に株式投資ではないのですが、碁のプロで苑田勇一九段の碁の「基本戦略」という本に巡り合いました。   碁の目から鱗落ちはその時に経験しました。     またも碁をされない方がたくさんおられるのを承知で書きますが、碁は相手よりたくさん地所を取り、相手の石を取ったものが勝ちのゲームなのですが、その本の中には全く反対のことばかり書いてあったのです。    曰く「囲うと地は小さくなり,囲わせると地は増える」とアマの全く反対の考え方が書いてあったのです。  そして「相手の石を攻める時は逃がすこと」とその時の私の棋力では全く発想できないことがたくさん書いてあったのです。   その時まで私は碁は勝って楽しく,負けて悔しいだけの碁でした。   しかし苑田プロのこの本を読んでから考え方が全く変わりました。   突然変わったということではなく、それまでに私の碁や株式投資がその変換点に来ていたという事でしょう。     以来勝って楽しく、負けてもどこが問題点であったかという検討が楽しいことに変わりました。   その結果私はいくら勝った負けたよりも、その投資を通じての基本戦略の三線のアリアや戦術のトレンドラインの研究のほうが遥かに楽しくなってしまいました。    碁では目の前にプロがいればわかりますが、株式投資では目の前にいる訳ではありません。    しかし株式投資で相場を引っ張っているのは最強のプロが先物や裁定売買を通じて相場をリードしているのです。     どのゲームでも最高レベルになりますと発想の広がりが桁が違うのです。   そして株で勝つためには皆で渡れば大丈夫という基本戦略の見直しが必要なのです。    次ぎに勝った負けたのやりっぱなしの投資ではなく、戦略を磨き戦術の研究が三度の飯よりも楽しくなることです。
皆様がそうなられることを念じて、私の本やブログがそうなることを祈りながら書いています。  
いろいろな本やブログを比較検討されることも一時は良いでしょう。   しかし「戦うは我にあり」
に速く気づかれてあまり多くそちらに時間を割かれないことです。   大切なのは一時の餌を貰うことではなく、終生魚を釣る技術を楽しく教えてくれる本やブログに巡り合う事です。     碁をしたいとお思いの方はNHK囲碁シリーズの「苑田勇一流 基本戦略」 1、000円を是非お勧めします。   一流の本は碁に限定されていません、株にもゴルフにもそして人生にも適用できる幅を持っています。    これからは株の本といった狭い範囲の研究ではなく、広い幅を学べるものすべてにチャレンジしてください。   
by 11miyamoto | 2006-08-30 14:33 | 十一の五六

真夏の特訓

最近は肘の具合が悪いのでゴルフは月1ゴルフになっていましたが、明日を含めてこの10日間で3日もゴルフをすることになりました。    幸い真夏は血の循環が良くなるのか、肘の痛み具合がやや緩和されて飛距離も90パーセントまで戻ってきました。    ゴルフはスコアがすべてなのですが、この飛距離に男は拘る人が多く,私も例外ではないのですが何はともかくほぼ戻ってきたことは本当に嬉しい限りです。   しかし今年の関西の夏は本当に蒸し暑い。
いや年のせいなのかもしれませんが、雨が降らないわりには夜も寝苦しくて、本当はそんな暑い時にゴルフでもないのですが、肘が少し良くなったと言った途端にわっとゴルフ仲間からお誘いがかかりました。    明日はわかりませんが、今まで全く雨が降らなかったのが、私が行ったゴルフ場は2回とも東南アジアのスコールのような雨にみまわれているのです。     本来は水捌けの良いゴルフ場のグリーンが、アッという間に水浸しになってしまうほどですからどの程度の雨かご想像いただけるでしょう。    ずぶ濡れの後がかんかん照りの灼熱地獄と、ゴルフをされない方には高い料金を出してご苦労さんと言われそうです。    私はゴルフも碁も勝負事は本来強気で、それが良くも悪くも出るのですが、特に最近はパターに顕著に現れています。   1パターか4パターかといった極端なパターなので、スコアはハーフ40台前半もあれば50も叩くといった荒っぽい展開のゴルフが続いています。     しかしハーフではなく
18ホールだと90台でぴたりと収まるのです。   本当にゴルフの18ホール勝負というのは
上手く出来ていて、この間で自分の上手いところも拙いところもすべてさらけ出してしまうように
なっているのだなと最近思うようになりました。    アメリカの有名な実業家が少し親しくなると
ゴルフに誘い出して、その人の鑑定をしたという話には実感出来るものがあります。
ゴルフの上手い下手に拘らず、グルフの18ホールを廻る間に必ずその人のなりが出てしまうものです。    詰まらない私事を書きましたが、このような人間が株の話を書いているということも知っておいていただくことも大切かもしれません。
*8月31日の3回目のゴルフもプレーが終わった途端にスコールのような雨が降ってきました。     そしてスコアも51、44とハンで押したように、3回とも同じようなスコア(平均94)で終わりました。   なんとも不思議なゴルフ体験の3日間を過ごしたことになります。   
by 11miyamoto | 2006-08-30 05:58 | 雑感

第1関門  追加あり

先回の予測通り日経平均は16,300円の壁を前に跳ね返されました。   次ぎは下値の15,800円を明日の25日(金)にキープできるかが問題です。    この辺りに200日移動平均線(15、819円)があり,この線が株価をサポートしてくれるかがポイントになるのです。    もしサポートしてくれたら6月14日からの上昇ラインはこの後も続くトレンドラインになる可能性が大きいのです。
トレンドラインを形成しますと日経平均は三線上のアリアへとシフトしていきます。    もしここで腰折れしますと、今までの上昇ラインは短期のサイクルラインのサポートラインであったことになり,再度三線中アリアからやり直しになります。    私はトレンドラインの可能性が90パーセントで,再び16,300円へとチャレンジしていくスタート台になるものと見ています。
今までの経験則で一度は跳ね返されても,再度のチャレンジで通過というケースが非常に多いからです。    もしこの線でキープされれば、このトレンドラインに必死に食らいついて上げ相場の含みを増やしてください。

8月25日(金) 何か嫌な予感のする先物の空中戦に終始した1日でした。   前に紹介しました東証騰落レシオが、8月23日に141.6をつけたことに起因している感じです。    4月11日に133.9をつけてから大幅な3000円もの暴落をしたことの悪い予感がよぎっているようです。   この2週間で騰落レシオが50以上も上がったのですが、その間に日経平均は僅か300円近い上げですので、どうもこの指数の上げ自体が実感しずらいのですが、売りをしかける
方には絶好の材料なのでしょう。   これで来週はどちらに行くか、読みは難しく半々ぐらいになったかなと思います。
* たった1日でころころ変わる記事に面食らわれたかも知れませんが、それが節目の特徴と言えると思います。   今、日経平均は8月7日の15、154円と8月25日につけた15、874円のローソク足の下を結んだラインを維持できるかどうかの境目にあるのです。   このラインの上を株価が来週からも維持できれば、この線はトレンドラインになる可能性が高くなります。
トレンドラインとなれば、もしこのラインを維持しますと年末には待望の2万円へ到達します。  しかし株価がこのラインの下に来て腰折れしますと、このラインは短期の上昇のサイクルラインであったことになります。   株価は再び調整色を強めて9月中旬には15,000円前後まで下落の可能性が高まります。    それが来週株価の行方を決めるラインだということです。   重要なのはラインの見極め方なのです。   このラインは日時によってどんどん上へと伸びていきますので、同じ15,800円でも今までの15,800円は拾い場ですが,来週からの15,800円は投げ場へと変わるのです。      これから日経平均の週足の三線がもう少し絡まってくるまでは、予断を許さない展開と見たほうがよいのかもしれません。   機械的にこのラインを維持すれば強気、破れれば弱気での対処です。    本当に強気になってよいのは、日経平均がトレンドラインを形成しそれと認定した時です。   多分その時まで後1,2ヶ月の時間は必要でしょう。    長期の投資を勧めている私が、短期の話を展開していますのは、今株価が節目にあり1ヶ月後に15,000円もあり,17,000円もあるという節目のところに株価があるということを理解していただく為に書いているのです。    そんな2,000円くらいの細かいことをイチイチ書かなくても結構という方は,この記事は読み飛ばしてください。   何故なら今度つけた15,000円こそ絶好の買い場だと思うからです。   長期では強気というスタンスは全く崩していません。    ただ株価は一筋縄では推移しませんので、その過程を申し上げているのです。 
by 11miyamoto | 2006-08-24 18:54 | 株価予測

半値戻しは全値戻し

今日とうとう日経平均が終値でも16,000円台をキープして引けました。    6月14日に14、046円をつけてから約2ヶ月経過して,ようやく落ちつきを見せ始めました。     4月のピークからこれで半値戻しを果たしたことになります。    経験則で半値まで戻しますと、元のピーク(4月7日の17,563円)まで戻す確率は非常に高くなります。    問題はこれからやれやれの売りをこなして、もう一度は15、000円台の試練は必要でしょうが、ここを過ぎる9月からが戻りの本番を迎えるでしょう。   やはり傷が大きかった分だけ、予測通り3ヶ月の休息が必要だったようです。  これからの関門は日経平均の16,300円の壁でしょう。    今年に入ってこの辺りで株を仕入れた人は多く、ここに大きな戻りの壁があり,この戻り売りをこなす必要があります。    ただここに来ての先高観も台頭してきただけに、もみ合いが続き当分上値は押さえられるでしょうが、来週末までには解消して更なる上昇へと向かうと見ています。
一時的にもみ合いではなく下落したとしても、そこは絶好の安値での拾い場になり、中長期での
株高へのトレンドには変化はないでしょう。  
by 11miyamoto | 2006-08-16 19:21 | テクニカル分析

チャート白本後編の発送予定

大幅に遅れていますチャート白本後編の発送予定が、ほぼ決ってきました。    原稿は殆ど完成しましたので、あとは校正と図表とのチェック、印刷の打合せと出来あがりのチェック、発送の準備と発送作業と約1ヶ月余りかかるとして、遅くとも9月中にはお届けできる目安がつきました。(ただし予定ですので、10月にかかることもありえます。)    本当は8月末の予定で頑張るつもりでしたが、無理をして(体と本の中身)後で後悔しないほうが良いという判断で遅れました。   前編は基本と心構えが中心でしたが、今回の後編はそれを踏まえた実技編という観点から書きました。   いくら基本と心構えが重要といっても、その基本と心構えが実際の相場で生かせる実技のレベルを高めませんと意味がないのです。   三線のアリアの法則の理論と実践がどう結びつくのかを中心に書きました。   お届けが遅れた分だけ、一応後編の目次を書いておきます。

第3楽章 トレンドライン  
一般的なトレンドラインではなく、三線のアリアと関連した宮本道場のトレンドラインの解説です。   豊富な図表と事例で、今までのご自分の戦い方が変わり、相場の見方が違ってくるかもしれません。

第4楽章 今後の相場展開の読み
日経平均と個別株の今後の展開をチャートで読み解きます。

第5楽章  売却のシグナル
今回の暴落の過程でこのシグナルに気をつけておられれば、随分結果が違ったと思われますので、あえて1章設けました。

第6楽章  グランドデザイン
一番皆様の中で多いと思われますBさんの例で、今後の投資計画の進め方の事例を掲げました。

終楽章   負けない戦い方
いくら素晴らしい理論や実技を知ったとしても、やっておられることが別では相場には勝てません。   その為にはその前にやってはいけないことをキチンと守ることが大切です。
そのやってはいけないことを箇条書きにして書きました。

* 新しくお申し込みいただき有難うございました。   予備の前編の部数が残り少なくなりましたので,一応これでチャート白本の受付けは終了させて頂きます。   新しく申し込みいただきました方へは、明日発送させていただきます。
   
by 11miyamoto | 2006-08-13 11:02 | 雑感

株の熱気去る

暑さはこれからが本番のようですが、株の熱気は去ったようです。    インターネットの株取引の申し込みの伸び率も鈍化しました。     町の証券会社の賑わいも消えました。
本屋さんの株本の陳列も急に寂しくなりました。   私に関しても講演会の話しがここ三ヶ月余り、ぴたっと来なくなりました。   来なくなっても時間と費用が助かりますので、私は有難いのですが少し寂しい思いはしています。     この逆が昨年秋でしたが、電話やメールに講演会とやたらと忙しく、私のようなものにまでお鉢が廻ってくるようだと、相場も手仕舞いが必要かもしれませんと書いた記憶があります。    案外こんな簡単な見方が的をえているのかもしれません。    それでいきますと何遍も書きますが、そろそろ仕込み時期が到来しているようです。   但しあくまでも株価を追わず、相場が少し下げた時と三線上のアリアを形成した株、または形成しそうな株(例えば新日鉄5401)に限定してください。     勿論三線上のアリアを
外れたら、そこで一旦売却はセオリーです。    株で横並びの仲良しグループでは勝てません。    人が群がるピークは避けて、閑散売りなしの時に静かに安値をひらって仕込んでいく気概がないと成功は覚束ないでしょう。     最近はどの株が儲かりますかという挨拶から、今後株価はどうなりますかという挨拶に変わりました。    今は私は判りませんと答えています。    何故なら現在の株価の動きは、本当のトレンドラインを作る前の段階で、この後どう変化してくるかが予測できないからです。    漠然とした予想なら、今は相場は休息中で
まもなく右肩上がりの相場へとシフトしてくるでしょうくらいはいえると思います。     しかしそれがいつからどのくらいまで上がりますかと問われたら、わかりませんとしか答えられません。それが予測と予想の違いなのです。   
by 11miyamoto | 2006-08-11 05:40 | 株価予測

ベランダ菜園

我が家の2階のベランダで家庭菜園をしています。   限られた狭い場所でのスポット栽培ですので、たいした物が採れるわけはないのですが、それでも小さなミニトマトがなったりしますと
眺めるだけでも楽しくなるものです。    今年の夏はにが瓜にチャレンジしました。    チャレンジといっても貰ったにが瓜の鉢を置いて、蔓をベランダの柵にはわしただけなのですが。
鉢が小さいので数センチの実しか出来ませんでしたが、それが却って可愛らしくていぼいぼを触っては満足していました。    それが2、3日前に奈良でも温度が37度を記録するようになって、色が黄色に変色してしまったのです。    南国生まれのにが瓜も降参するような暑さに参ったのか、それともこういう種類なのか、兎も角も一応試食してみる事にしてみました。
小さくてもにが瓜はにが瓜で美味でした。   来年はもっと美味しいゴーヤチャンプルを食べられるように、鉢も大きくしてチャレンジしてみたいと思っています。   この気候が続けば来年は
ミニバナナが作れるかもしれません。
by 11miyamoto | 2006-08-08 19:02 | 雑感

非暴力主義

私は生まれてからこのかた,人に暴力をふるったことがありません。    家族は勿論、他人に対しても手を上げて暴力をふるった経験がまったくないのです。    よくいえば気がやさしい、悪く言えば気が弱いといえます。    私自身はよいほうの気がやさしいと思っていたのですが、昔気質の親や兄弟から見れば気が弱くて男らしくないとよく叱られました。     それは当時の子供には珍しく全く喧嘩をしなかったからのようです。    結果として見ますと、この非暴力主義が私への暴力を避ける防波堤になっていたのかなと考えています。    私には全く人への攻撃性がありませんので、人も私に攻撃のチャンスがなかったのかもしれません。
ただ1度だけ20歳の時に東京の蒲田の文具屋でアルバイトをしている時に、アルバイトなのに
仕事熱心過ぎるという理由で、ライバル社の若手社員に不意打ちの連続パンチを受けて気を失ったことがあります。   後で聞くとその社員は大学でボクシング部員で、背も180センチの巨漢でした。   生まれてからこのかた受けた暴力もこれきりです。   その時私には何故いきなり殴られたのか理由が判らず、あまりに理不尽な行為に対してずいぶん悔しさとそれに抵抗できなかった自分の不甲斐なさが今に至るまで残っています。   その時生まれて始めて暴力には暴力という考え方が湧きましたが、その後幸いにも2度とこのような暴力の洗礼を受けることなく過ごしましたので,いつのまにか元の非暴力主義に戻ることができました。
しかし最近の三面記事には、私が受けたような理不尽な暴力が数多く見うけられるようになりました。    それも最終的な暴力の死に至る暴力が蔓延しています。   暴力は連鎖するようで、小さい時に親から暴力を受けて育った子供は、また自分の子供にも暴力をふるうようになるそうです。   幸い私の両親は子供には一切暴力をふるわない親でしたので、私も子供を叱ることはあっても手を上げて叱ることはありませんでした。   一部に悪いことをした時に体罰をするべきで、それをキチンとしなかったから今の日本の乱れがあるという方がおられます。
しかし体罰がよいかどうかとは別の話だと思います。    子供といえども話して聞かせば理解できるもので、例えその時には判らなくてもいずれわかる時期が必ずくるものだと思うようになりました。   体罰よりも何故それがいけないのかを根気よく話しをする事が大切だと思います。
大人とか子供とか区別せずに、人間は本当にそうだと思ったら理解していくものです。
一番いけないのが放任で好き放題にさせてしまうことで,次ぎにいけないのが理由も言わず体罰だけを与えることでしょう。   話は元に戻しますが、最近やたらと増えた理不尽な暴力行為にどう対応するのが正しいのか、答えは簡単には見つからないでしょう。    世の中で理不尽に見える暴力行為が跋扈するもとは,必ずその社会が生んだ副産物ということはいえるでしょう。
そのもととは自分さえ良ければ後は関係ないという、社会への無責任主義が生んだものではないでしょうか。    昔はいけないことをする子供を叱ってくれる大人の社会がありました。
今は怖くてそんなことをすることじたいが無謀という風潮になってしまいました。    自分と自分の子供は経済的な利得を獲得する事がすべてで、後は2の次ぎいや除外という生き方をする
人が数多く見られる社会になりつつあります。   しかし社会はこの間起きた奈良の田原本の
少年の母子殺人の放火事件が警鐘を鳴らしていると思います。    人はパンのみに生きるにあらず、心の安寧を欠いた社会には必ず暴力が蔓延るのでしょう。   そのことに気がつかなければ、いくら対策を打ってもいくらでも予備軍が育ってきます。   いやこのような事件に小手先の対応を打てば打つほど、もっと大きな別の被害が将来起きてくると思います。
冷静にどちらの問題の方がより大変な問題かも考える時期かもしれません。   
by 11miyamoto | 2006-08-05 07:36 | 雑感

NYダウのコピー相場

10日前に天神底を書いてから,株価は順調に800円ほど上昇して来ました。    しかしここ5日間,日経平均は15,500円の関門をなかなか超えられずもたついています。    そして来週上に行くのか下にいくのか、またしてもアメリカの金利次第という局面にさしかかりました。
今晩にでる米の雇用者統計が、8日に決定になるFOMCの金利がどうなるかの試金石となるようです。   病み上がりの今の日本の株は、この決定を見ないことには前に進めないのでしょう。    しかし相場を月単位で見る感覚に切りかえれば、日本の株はそろそろ打診買いを入れる段階に入っています。     日経平均が14,000円台、15,000円台は拾い場で、もし来週から調整があるのなら,更に絶好の拾い場になるでしょう。   今が上昇のエネルギーを貯めている助走段階と見ています。   これから週足で3本の線(13、26、52週線)が絡み合ってきた日経平均,及び個別銘柄は絶好の上昇相場入りの前段階を形成するでしょう。
特にそうなってから、一旦株価がこの3線の下に来た時が絶好の仕込み場になるでしょう。
これからの2ヶ月、相場はまさにそういう理想のチャート付きになる段階に来ているのです。
詳しくはチャート白本の後編で詳細に書きますが、間に合わないといけませんので予告編で紹介しておきます。   目先の株価の一挙一頭足に惑わされず、三線のアリアの法則で三線上のアリアが出来る前段階の経験則を重視してください。   その時が日経平均がNYダウのコピー相場から解放される時です。
by 11miyamoto | 2006-08-04 18:33 | 株価予測