<   2007年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

明日の株価が分岐点    追加あり(19,000円に向けてゴー)

1月25日(木)に17、617円と昨年来の高値を抜いてから、急に上値が重くなりました。 普通はこのような高値を更新しますと、その後は勢いがついて更に高値を更新し続ける日が続く筈なのですが、その勢いがないようですとここで調整局面を迎える可能性も出てきました。
その意味で明日の株価は重要です。 ここで株価が下げるようですと、陰の相場入りが考えられます。 18,000円手前まで行くと見ましたが、その為には17,617円を3日たっても抜けないようでは失速気味で,手前でダウンの可能性が高いのです。 調整は最悪16,300円までありえますが、その手前(16,800円)でおり返すことも考えられます。 日経平均は1月第2週で週足チャートの三線上のアリアを完成させました。 基本的にはこれから非常に強いチャートつきになりましたので弱気は禁物ですが、このところ二進一退の一退がありませんでしたので、そろそろ到来かなと思います。 伸びるための屈伸運動と考えてください。 ただ株式投資は山登りと違い、もしこの突破点を抜けてしまいますと、19,000円に向けて突進する可能性も秘めています。 三線上のアリアが完成した前後は、極端に株価がぶれやすい状況になるのが通例なのです。 しかし普通は一旦下がってから上がるのが多いのですが、たまに例外がありますので申し沿えておきます。

*1月31日 11:30 やはり日経平均はチャートの定石通り下にぶれてきました。 明日以降はもっとはっきりした兆候で下げが加速すると見ています。 下げは2日後の2月2日(金)で一旦は止まると思いますが、その後更に下げるのかどうかがポイントです。
*2月1日 11:10  昨日は下がると見せかけて上げてきました。 25日移動平均線で切り返した可能性が高くなりました。 
18:00  結論としては、1月31日につけた17,275円が当面の底値で、今後3月に向けて19,000円(18、000円ではありませんので注意)に向けて発進すると読みました。 ただし関門は2つあります。 来週初めにも直近高値の17,617円を抜くこと、そして昨年6月から半年強続いているトレンドラインの上限の17,800円から900円にあるレジスタンスラインを抜いていくこと。 あとの条件は2月第3週までです。 これをクリアすれば3月にも18,000円後半から19,000円を狙えるポジションに株価が来ます。 クリア出来なければ株価は16,500円に向けて下落していくでしょう。 その差約2,500円,吉と出るか凶と出るかですが、私は80パーセントで吉と出ると読みました。 決めるのは勿論株価ですが、どちらに出るかのポイントの位置はお教えしましたので,決断はご自身の自己責任でお決め下さい。
by 11miyamoto | 2007-01-30 18:42 | 株価予測

程よい距離

親子関係でスープの冷めない距離に住むのが一番良いという話がありました。 世の中に数多くの原理や法則がありますが、そういったものよりも一番人間が生きていく上での実際の知恵は、この程よい距離を見付けることではないでしょうか。 人間関係、健康管理、株式投資しかり、近すぎても遠すぎてもいけなくて程よい距離をいかに見つけるかが,その人の人生に大きな影響を与えます。 健康などは充分気をつけた方が良いように思われますが、それも程度問題で却ってそれがストレスになりますと、暢気になにも気にしない人のほうが結果として病気にならないというデータが出ています。 この程よい距離というのは人によって違ってきます。 例えば株式投資を例にとれば、株式投資で生活を立てている人と、老後の資金確保を計画している人の程よい距離は当然変わってきます。 したがって一旦長期投資と決めたなら、毎日株価に一喜一憂するような相場の向き合い方は、決して良い結果を招かないでしょう。 長期投資と決めたら,週1回株価をチェックするくらいの余裕で充分だと思います。 株価というのは1週間単位で見ますと思ったほど上下しないものです。 あとで冷静に判断した上で対応した方が結果として良いケースが多いものです。 それよりも大切なのは生活全般に満遍なく気配りし、食事の栄養バランスのように全てに目の行き届いた生活することではないでしょうか。 私はこのような生活をする為に行動を出来るだけ習慣化させています。 平日は朝は五時半起床。6時ウオーキング。7時朝食。8時新聞。9時から15時株式投資(昼食13時)といっても画面を見ているのは普通は30分間隔で、新聞や本を見たり音楽を聴きながらで,時には外出も結構しています。15時ラジオ体操。15時30分から19時執筆、囲碁,株研究。19時夕食。20時から22時30分テレビ、執筆、株研究,軽いウオーキング、風呂。22時30分就寝。 祝日は株研究、囲碁、音楽ゴルフと基本的になってなっていますが、会合や人に会う時はスケジュールを優先しています。 基本は会いたい人に会うことと、好きなことをすることによって生活をコントロールしています。 今私が一番好きなことは、ウオーキングすることです。 ウオーキングの最中に、私が今一番楽しいチャート研究や囲碁の棋譜を頭の中で再現し、新しい発見を楽しむのです。 このトレーニングのおかげで頭の中に日経平均のチャートや碁盤がほぼ入ってしまうようになりました。 碁盤が頭に入りますと強くなるということですので、チャートが頭に入った場合はどうなるのかこれも楽しみです。

*今朝新聞を読んでいましたら、堀場製作所の最高顧問の堀場雅夫さんが次のようなことを述べておられました。 現在のモラルの低下は戦前の教育で大切にされていた3つの事がなおざりになったからだと。 その3つとは「知育」「徳育」「体育」のバランスだと述べておられます。 この素晴らしい3つのバランスの上に、「情けは人の為ならず」の精神で人との素晴らしいバランスを築くことが出来れば,世の中はどれほど住み心地の世界に変わるでしょうと結んでおられます。 そう言われれば今の世の中は「知育」のみ、「体育」オンリーの人が悪い意味で世間を騒がせています。 そこには「徳育」の項目がぽっかり抜け落ちています。 昔に比べて二十年以上も長生きする世の中になったのに、それと逆行するかのようなバランスの欠いた浅知恵で乗りきろうとする現代人は心して聞かれるべき言葉だと思います。
 
by 11miyamoto | 2007-01-28 22:09 | 雑感

来週以降の日経平均

1月もあと残すところ3日になりました。  今のところ1月相場は訳の判らない往来相場になりそうです。 上下幅は1ヶ月で実質500円と上がるでもなく下がるでもない、極めて判断が難しい相場で終始した感じでした。 明日からは実質2月相場入りとなりますが、短期的には相場は山でいいますと9合目にさしかかった高値圏へと登ってきました。 山頂へのチャレンジを残すのみとなりましたが、後は天候次第という訳で最後のベースキャンプを張るところと見ています。 したがってここからは短期的にはそんなに強気では考えていません。 2月の第2,3週で17、800円から17、900円辺りの頂上アタックがあれば、あとは一気に駆け下りる準備が安全との見方です。 今度こそ本当に陰の相場入りとなり2月一杯は調整(押し目で16、800円見当)入りの可能性が高いでしょう。 前から言っていました2進1退の1退になります。 ここをやり過ごせば再び2進のゴーサインです。
by 11miyamoto | 2007-01-27 14:45 | 株価予測

拝金主義の跋扈

何時から日本はこのようにお金に汚い国になったのでしょう。 生きていく上でお金は無くてはならないものです。 昔から「地獄の沙汰も金次第」という言葉があったのを見れば、現代が格別
酷いといえないかもしれません。 何時の世もお金が中心に廻ってきたのも事実でしょう。 しかし最近のお金にまつわる話は、手段を選ばない人間の尊厳を著しく損なうものが多すぎるような気がするのです。 お金にさえなれば平気で人(親・夫婦・子供でさえも)殺しも厭わない,なりふりかまわない狂気じみた事件が続発しています。  そこまではいかなくても、お金につながるのであれば社会規範やルールを平気で破る人が増えてきたような気がします。 その反面目先の自分の利益につながりそうも無いことには、極めて無関心ということも同時に起きています。
最近の知事選を見ても、殆どが有権者の投票率が30パーセント台という低い率で知事が選ばれています。 これでは選挙に利害のつながった人達と、選挙に極めて関心のある無党派の人達との綱引きだけで選ばれていると過言しても良い状態になっていると言ったら言い過ぎでしょうか。 これでは目先お金につながらないことには、無関心な国民と非難されてもしょうがない気がするのですが、本人には悪いのですが泡沫候補といわれた人が当選する国は他の国にあるのでしょうか。 政治を含めて経済でもとりわけ株式投資に対する無理解は、いずれその国民の上に降りかかる弊害となって現れるでしょう。 この間新聞で有名な政治家が株式投資に対して「自慢する訳ではないのですが」との前置きで株式投資はした事がないことを誇っていました。 「恥ずかしながら」というのなら判りますが、何故資本主義の日本で株式投資をしないことが自慢につながるのか唖然としました。 これからは国よりも地方の自治が私達にとってより重要になる時代が来ようとしています。 税金も国税よりも県市民税の方が沢山払う時代が来ようとしているのに、余りにも自分の住むところへの無関心は何時までも許される問題ではないでしょう。 株式投資の目先だけしか見ないやりかたは同様に政治への無関心にも通じることで、誰かに大切な権利を奪われているという自覚を持つ必要があると思うようになりました。
by 11miyamoto | 2007-01-27 13:09 | 雑感

サポート線の修正

今まで申し上げていた下値のサポート線がやや上にずれていました。 1日55円上昇と書きましたが、42円に修正いたします。  したがって今日26日のサポート線上の日経平均上の価格は17,220円で、前に書きましたサポート線上の価格と約160円下になりました。  1月11日の16,758円と1月26日の17,220円を結んでください。 それが現在のサポート線と考えています。 このサポート線を下回れば相場は陰の相場入りで、調整入りするでしょう。 日経平均は昨日に昨年の高値を抜いたので、今日明日は目的達成感から売られやすい局面に入り、このサポート線を試しにくることが考えられますが、この線を守れば陽の相場は持続しますので
慌てないことです。 1月17日につけた17,000円はダマシのローソク足の下ヒゲでした。 もしこのサポート線で下げ止まれば、この近辺が買い場となるでしょう。
by 11miyamoto | 2007-01-26 09:42 | 株価予測

今週からの相場展開

1月22日(月)のNY株が大幅に下げましたが、今日の日経平均は殆ど下げずに昨日の値段に戻してきました。 これは前に申し上げた相場が陽の相場の特徴です。 悪材料が出た時に必要以上に下げる時が陰の相場、悪材料が出ても反応薄か逆にあがる時が陽の相場という訳です。 今は1日平均55円ペースで日経平均は切り上がってきています。 当面弱気は損気でしょう。  1月11日と1月17日のローソク足の下の線(当面のサポート線)を割らない限り強気が肝心です。 持ち株は当然持続ですし、買い増しは株価がこのサポート線にタッチした時です。ちなみに今日のサポート線の日経平均は17,250円で、あと問題は17,750円のレジスタンス線と,それを超えればこのサポート線の続く1ヶ月後辺りのSQ日の2月9日(金)が要注意日です。 尚この時のサポート線の日経平均は18,000円になります。
個別株では新日鉄5401の強さが際立っています。 今の日経平均を引っ張る銘柄になりました。 600円強の買い下がりをお勧めしましたが、当分買えそうにありません。 昨年の高値の691円も抜いてきました。 昨年に予測しましたように、4桁に向けての驀進を始めたようです。
みずほ8411も再び90万円台にのせてきました。 1月の金利上げがなくなりましたが、じわじわと上げてくるあたりに100万円チャレンジが見えてきました。 2月の金利上げがゴ^ーサイン
になる可能性が高いと見ました。 長谷工1808は少し揉見合いが続くかもしれません。 しかしここが買いチャンスかもしれません。 三菱商事8058は一旦相場が崩れましたが、昨年で7/18に2、050円、10/4に2、030円、11/21に1、984円と見事な3点底をつけてきました。
2,000円から2,300円のボックス圏を抜けてくると、再び3線上のアリア株への復帰は近いでしょう。 それと目下連結PERが9.5倍という低さも魅力です。 中長期で見ればこのような割安は必ず是正されて、再び昨年4月21日につけた2、940円を抜いてくる日が来るでしょう。 その他で3線のアリア株への期待を込めてJUKI6440、古川電工5801、栗田工業6370あたりも狙い目の位置に株価があります。 その他を見ても昨年6月から休息した多くの銘柄が、ここにきて上を窺うチャートつきになってきていることは、これからの上昇相場の予感を感じさせます。 昨年11月からの絶好の株の仕込時期が存続していると思われます。 ただ株を買うときの鉄則の高値を追わず押し目で買う習慣を身につけて下さい。 私の見方では2月に押し目をつける局面があると見ています。
 
by 11miyamoto | 2007-01-23 09:34 | 株価予測

やっと普段の朝食に戻りました

昨日スーパーでようやく納豆が買えました。 大粒は4パック12個しかありませんでしたので、とりあえず6日は持つ勘定です。 初めの読み通り、やはり一週間で手にすることができました。 後一週間もすれば平常通りに陳列ケースに並ぶことでしょう。 一時みのもんたの思いっきりテレビの番組でも同様の取り上げられた食品が品切れしました。 しかしこの現象も一週間だけで、後は平静に戻りました。 このような現象は食品だけでなく、株式投資の銘柄推薦にもよくおこります。 昔夕刊フジの経済欄に推奨された銘柄は馬鹿上げしたものです。 ところが
何日か経つとそれ以上上がらないのに痺れを切らしてどっと売りが出て,結局は元の木阿弥で
買った人は全員損切りの破目に陥りました。 失礼な言い方をしますが、このような人の尻馬にしか乗れないで、自己判断の基準を持たない生きかたでは,お金も健康も手に入らないでしょう。 人の意見を参考にするなと言っているのではなく、参考にするのであればそれを守り抜く決意と態度が求められます。 大切なものは長く継続して手にしたもののみが価値があるのです。 その決意がないままに流されてふらふらすることは、お金と時間の無駄遣い以外なにものでもありません。 安直に手短に価値のあるものを手に入れたい願望から解き放たれた時に、本物の人生が始まります。 このスタートは早ければ早いほど実りは大きいでしょう。
by 11miyamoto | 2007-01-19 17:42 | 雑感

儲けの計算すべからず

株式投資で儲けの計算をしだしますと負けのパターンに嵌ることが多くなります。 このような状態になりますと、欲に目が眩み危険な罠が見えなくなるからです。 相場は地雷が一杯埋まった草原を歩くぐらいの覚悟で丁度良いくらいで、少し油断しますとアッという間に資金を減らしてしまいます。 手元現金を潤沢にして底値で買う習慣を身につけ、そこでロスカットの計算を怠りなくする損失の計算に強くなることが長丁場の株式投資をのりきるコツです。 株価に一喜一憂することなく、大切なのは相場の流れを掴むことです。 そうなれば相場に対して平常心で臨むことができ、そうなりますと不思議と相場の流れや節目が読めてくるものなのです。 その逆が
相場の上がり局面で儲けに目が眩みますと、ここで一気に資金を膨らませて利益獲得狙いの勝負に出る人が多いのですが、この状態に入りますとこの後の一気の下落にしてやられるケースが多いのです。 戦国時代の戦いを見ても、勝ちに乗じて一気の進軍は挟み撃ちに遭いますと、兵站を切られて四方を囲まれ全滅の危機が多く,知将といわれた人は決して深追いせずに
6分4分の戦いをもって良しとしました。 戦いは損失が一番少ない押し目で、且つ節目といった
自分の最も有利なところ以外は戦わないことを心掛けましょう。 その為にはそんな損得計算なんかせずに、ひたすらこの押し目と節目を辛抱強く待つことです。
by 11miyamoto | 2007-01-17 19:15 | 株価予測

バードウオッチング

昨日小雨降る中をバードウオッチングしました。 月1回昼食会で集まる仲間9人で、今月はバードウオッチング会にしたのです。 先ずは近鉄西大寺駅に集合して、東に向かいました。 5分も歩きますと、まもなく駅前の雑踏からは想像できない広大な広場に出ます。 これが世界遺産に登録された平城宮跡で,目下その中心にあった大極殿を建設中です。 ここで目慣らしをして双眼鏡のチェックをしました。 バードウオッチングは今頃の冬場が1番適しているそうなのです。 北から越冬の為多数の渡り鳥が来ている為だそうです。 しかしここは余り広すぎて焦点を合わせるのが難しく、結局映ったのは何時も見ている雀とヒヨドリだけで戦果はなしでした。
次に一路北へと向きを変えて、天皇陵が点在する佐紀町へと入ります。 平城天皇陵、神功皇后陵,成務天皇陵と立ち並び地図だけでなく、歴史の本も持参する必要があります。 それに劣らずこの近辺の民家は歴史を感じる風格の家が多く、また町自体のたたずまいが静かで散策にはもってこいの場所です。 もし奈良を訪れ時間がありましたら,お寺巡りも良いのですが
是非このような鄙びた風情のこの地区なんかもお勧めです。 至るところに池があり、その池を囲むように既に先客の方が三脚を立てて観察中です。 中に一目でバードウオッチングおたくのような方にお会いしました。 望遠鏡が違うのです。 聞きますと何と60倍、それも鮮やかさが全く違います。 ニコン製で最低でも数十万円はしそうな優れものです。 「向こうに鴛鴦(おしどり)の雄がいますよ」とその方の一声で一斉に双眼鏡で見ましたが、我々の10倍から30倍までのノン優れものの双眼鏡では見えません。 「これで見て下さい」という優しいお言葉に交代で見入りました。 いました、鴛鴦の雄が実に優雅に滑るように美しい姿で池を泳いでいるじゃあーりませんか。 ほんのそこにいるような錯覚を覚えるほど鮮明に泳いでいるのです。 置物のようで鳥という実感が湧かないくらいくらいでした。 楽しいバードウオチングを終えての帰り道、雨と寒さで自然現象が起きてきました。 しかしここは宮内庁管轄の恐れ多い場所ですから、失礼をばお許し下さいという訳には参りません。 ここでするには許可がいるのです。 宮内庁ご用達。 お粗末でした。
by 11miyamoto | 2007-01-17 17:53 | 雑感

クマった話三題

其の一 最近の暖冬で熊が冬眠できないのか、本来なら12月初めから冬眠してこの時期には
     全く姿を見せないのに、里の人家にまで出没して餌を探し回っているそうです。 それと
     最近の熊は世代交代で人間を恐れなくなり、平気で人里に出没するようになったようで
     新聞でも読ませて三面記事で人間の恐ろしさを学習させる必要があるようです。
其の二 今やチャップリンの殺人狂時代のような様相を呈している日本ですが、考えられる組み         合わせの全ての殺人が現れたようです。 そのなかで人が犬を噛むような話しが出てき     ました。 やくざ三人が素人三人に殴り殺された事件がそうです。 昔は報復はやくざが
     したのですが、今回は逆で素人がやくざを報復で殴り殺してしまったのです。 
其の三 この頃メガネはどこ、健康保険証はどこと探し物ばかりしています。 ないときはクマな      く探すのですが、出てこないときは出てこないもので時間の無駄を感じます。 一応
      置き場所は決めてあるのですが,使った後ふと置く時があってそれが原因のようで
      す。  それと記憶力の減退が輪をかけているのでしょう。
番外   時間の無駄では、この頃メールとコメントのアダルト系の迷惑通信に悩まされていま
      す。  毎日数十通から百数十通来ますので消すのに結構時間がかかるのです。  やたらと消せ      ませんので、その中から必要なものを拾い出しとやりますと結構時間がかかり、無駄      な時間を毎日使わされているなと思います。 クマッた人達です。
by 11miyamoto | 2007-01-16 06:00 | 雑感